カニエ・ウェスト、NIGOも登場 セレクトショップ「コレット」閉店まで追うドキュメンタリー公開

カニエ・ウェスト、NIGOも登場 セレクトショップ「コレット」閉店まで追うドキュメンタリー公開

 2017年末に閉店したセレクトショップ「コレット」の最期の日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR』が、9月26日から10月8日にかけてWHITE CINE QUINTOで公開されることが決定した。

 本作は、2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『コレット』の閉店までの日々を追ったドキュメンタリー。 ベルリン発のメンズオンラインメディア『ハイスノバイエティ』とパリの映像プロダクション『La /Pac』が 共同プロデュースし、ユージ&イリアーヌ・ローソン=ボディ兄弟がディレクターを務めた本作には、カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムス、Futura 2000、ヴァージル・アブロー、NIGO、阿部千登勢、Verbal、片山正通ら、コレットのファンであった世界中の著名人が出演。彼らが、コレットの思い出や、コレットがファッション業界に与えた影響について、熱い思いを語る貴重な映像も含まれている。 2019年末のパリでのプレミアを皮切りに、ロンドン、ニューヨークで限定プレミアとイベントが開催された。

 また、映画の公開を記念し、各都市で限定のマーチャンダイズを取り扱うポップアップストアもオープン。それぞれの都市でコレットとハイスノバイエティがキュレーションした限定のコラボ商品が発売される。東京のポップアップストアは9月に渋谷パルコ内「2G」で開催される予定だ。

 ディレクターのユージ・ローソン=ボディは、「閉店のニュースを聞いてすぐに、コレットの最後の日々を記録しなければいけないという衝動にかられ撮影を始めました」と語る。イリアーヌ・ローソン=ボディも「伝説のアドレス、パリ、サントノーレ通り213番地の閉店までの日々やコレットが象徴するものを記録に残すことは我々にとって不可避なことでした」とコメントしている。

 「このプロジェクトに対して自分の中で危機感がなくなり始めてきたときに、コレットとサラをどれほど尊敬しているかに気付きました。彼らがアートやカルチャーに注ぎ込んだすべてのこと、彼らが発信し続けたあらゆるジャンルのミックスカルチャー がどれだけ多くの人に影響を与えてきたか、また、多くのアーティストやクリエイターと同じように、カメラマンとしてコレットに出入りしていた私もキャリアの転機を迎えることができたことを思い出しました。エリアーネと私は、コレットストアのストーリーを私たちの視点から伝えなければいけないということに気づいたのです。 この映画は、伝説のコンセプトストア『コレッ ト』とその創設者へのトリビュートなのです」とユージは続ける。

 コレットの創立者であり、クリエイティブディレクターを務めたサラ・アンデルマンは、「お店のクローズを発表したときに、ユージからドキュメンタリーを撮影させてもらえないかとお願いされました。どんな結果になるのか、誰をインタビューするのか全く想像がつきませんでしたが、とりあえずOKしました。このドキュメンタリーを通して私と母の過ごした美しい時間を共有し、すでにコレットを訪れたことがある人にはその時の体験を呼び覚まし、訪れることができなかった人たちには当時の様子を少しでも感じていただければと思っています」とコメント。

 また、ハイスノバイエティのファウンダー兼CEOのデイビッド・フィッシャーも「コレット閉店のニュースは世界中のファッション業界にショックをもたらしました。このドキュメンタリーを通して、コレットがストリートとファッションシーンに残した功績を蘇らせることができたことは、私にとってもハイスノバイエティにとっても誇り高いことです」と敬意を表している。 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『COLETTE, MON AMOUR』
9月26日(土)〜10月8日(木)WHITE CINE QUINTOにて2週間限定公開
出演:カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムス、Futura 2000、ヴァージル・アブロー、NIGO、阿部千登勢、Verbal、片山正通
製作:HLB、La Pac Film、ハイスノバイエティ
監督:ユージ&イリアーヌ・ローソン=ボディ
配給:パルコ
ドキュメンタリー/60分/フランス語、英語、日本語
イベント特設サイト:https://shibuya.parco.jp/event/detail/?id=848

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる