A24×『スイス・アーミー・マン』監督再タッグ 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』公開へ

A24×『スイス・アーミー・マン』監督再タッグ 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』公開へ

 『スイス・アーミー・マン』のダニエル・シャイナート監督最新作『The Death of Dick Long(原題)』が、『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の邦題で8月7日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかにて全国公開されることが決定した。

 『ムーンライト』や『ミッドサマー』など多くの話題作を輩出するスタジオ「A24」とシャイナート監督による再タッグ作となる本作は、実際に起きた事件から着想を得た、アメリカの片田舎を舞台とした“とある事件”の顛末を描いたミステリー仕立てのダーク・コメディ。ステインド、クリード、そしてニッケルバックなどロックバンドの楽曲が本編を彩り、本作のキーパーソンとなる人物・ディックをシャイナート監督自らが演じている。なお、シャイナート監督にとって本作が俳優デビュー作となる。

 ジーク(マイケル・アボット・ジュニア)、アール(アンドレ・ハイランド)、ディック(ダニエル・シャイナート)の3人は売れないバンド仲間。ある晩、練習と称しガレージに集まりバカ騒ぎをしていたが、あることが原因でディックが突然死んでしまう。やがて殺人事件として警察の捜査が進む中、唯一真相を知っているジークとアールは彼の死因をひた隠しにし、自分たちの痕跡を揉み消そうとする。誰もが知り合いの小さな田舎町で、驚きの“ディックの死の真相”が徐々に明らかになる。

 公開されたポスタービジュアルでは、事件の被害者となり死んでしまったディックの遺影が置かれ、その周りには、怪死事件に震撼する田舎町の人々の姿が切り取られている。

映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』予告編/span>

 予告編では、ジーク、アール、ディックが夜更けにバカ騒ぎを始める場面から始まり、ディックの死体をジークとアールが運ぶシーン、町の住民がディックの死にざわつく様子、ジークとアールがディックの死の痕跡をもみ消そうとする姿が映し出されている。なお、予告編のナレーションは、『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)をはじめ数々のバラエティで活躍し、『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公の父・碇ゲンドウ役、『銀魂』のマダオ役をアニメ・映画の両方で務めた立木文彦が担当している。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
8月7日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
監督:ダニエル・シャイナート
脚本:ビリー・チュー
出演者:マイケル・アボット・ジュニア、ヴァージニア・ニューコム、アンドレ・ハイランド、サラ・ベイカー、ジェス・ワイクスラー、ロイ・ウッド・ジュニア、スニータ・マニ
配給:ファントム・フィルム
原題:The Death of Dick Long/2019年/アメリカ映画/ビスタサイズ/100分/PG12/字幕翻訳:佐藤恵子
(c)2018 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
公式サイト:phantom-film.com/dicklong-movie
公式Twitter:@dicklong_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ