長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』息子目線のショート予告公開 公開日は7月3日に決定

 長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』の公開日が7月3日に決定し、あわせてショート予告が公開された。

 本作は、『新聞記者』『宮本から君へ』などを手がけた河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『光』『タロウのバカ』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化したもの。主演の長澤が母親・秋子を演じ、内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲが、息子・周平を新人・奥平大兼が演じる。

 男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた秋子。シングルマザーの彼女は、実の息子・周平に奇妙な執着を見せる。幼い周平にとってもまた、頼れるものは母親しかいなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせる。何が少年を追い込んだのか、事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙が溢れ出す。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは。

長澤まさみ主演映画『MOTHER マザー』<SON篇>

 「SON編」と題されたショート予告では、17歳に成長した周平が、母親・秋子に幼少期の頃のように名前を呼ばれたことをきっかけに、幼少から現在にいたるまでの周平と秋子のやりとりが、フランツ・リスト作曲のピアノ曲「愛の夢」にあわせて描かれている。

 また、今週末より前売鑑賞券ムビチケカードも発売される。劇場窓口での購入者には MOTHER 携帯マスクケース(数量限定、非売品、一部劇場除く)が付いてくる。

■公開情報
『MOTHER マザー』
7月3日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
出演:長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花
監督:大森立嗣
脚本:大森立嗣、港岳彦
音楽:岩代太郎
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
配給:スターサンズ、KADOKAWA
(c)2020「MOTHER」製作委員会
公式サイト:mother2020.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる