大林宣彦監督を追悼 原田知世初主演映画『時をかける少女』4月18日放送決定

大林宣彦監督を追悼 原田知世初主演映画『時をかける少女』4月18日放送決定

 4月10日に82歳で逝去された大林宣彦監督の訃報を受けて、映画『時をかける少女』が4月18日13時30分より日本テレビ(関東ローカル)にて放送されることが決定した。

 1983年に公開された本作は、大林監督の“尾道三部作”の1本として、長年愛され続けている作品。当時16歳だった女優・原田知世の映画初主演作でもあり、原田は本作で第7回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。配給収入は28億円をあげ、その年の邦画で第2位となる大ヒット作を記録した。

 ある日の放課後、実験室でラベンダーの香りを嗅いで以来、時間を跳躍する能力を持って
しまった芳山和子。時をかける少女となった和子は、会うはずのない彼に出会ってしまった。

 原田は自身のTwitterにて、大林監督への追悼として「大林宣彦監督 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします」とコメントを寄せている。

■放送情報
『時をかける少女』
4月18日(土)日本テレビにて、13:30〜1530放送 ※関東ローカル
監督:大林宣彦
出演:原田知世、高柳良一、尾美としのり、岸部一徳、根岸季衣、上原謙、入江たか子
脚本:剣持亘
原作:筒井康隆
音楽:松任谷正隆
(c)KADOKAWA 1983

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ