A24が贈る90年代LA舞台の青春物語 ジョナ・ヒル初監督作『mid90s』9月公開決定

 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒル初監督作『mid90s(原題)』が、『mid90s ミッドナインティーズ』の邦題で9月4日より新宿ピカデリー、渋谷WHITE CINE QUINTOほかにて全国公開されることが決定し、あわせてティザービジュアルが公開された。

 『ムーンライト』『レディ・バード』『ミッドサマー』など話題作輩出する気鋭のスタジオ「A24」が贈る本作は、1990年代のロサンゼルスを舞台に、シングルマザー家庭に育った13歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間たちと出会い、子供から大人への扉を開いていく、ジョナ・ヒル自身の10代の想い出をもとにした半自伝的ストーリー。

 『ルイスと不思議の時計』『聖なる鹿殺し』のサニー・スリッチがスティーヴィーを演じ、母ダブニー役を『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄イアン役を『ある少年の告白』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズが務める。

 本作のキーワードとなる、“1990年代”の雰囲気と感覚を再現するため全編16mmフィルムにこだわって撮影し、スーパー・ファミコンやカセットテープ、ストリート・ファイターなど90年代を象徴するアイテムが多数劇中に登場する。音楽をナイン・インチ・ネイルズのフロントマン、トレント・レズナーとアッティカ・ロスが手がけるほか、ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシー、シール、ファーサイド、ウータン・クラン、ア・トライブ・コールド・クエストなど当時のヒット曲が使用されている。

 公開されたティザービジュアルでは、スリッチ演じるスティーヴィーの印象的な表情が切り取られており、「たちあがれ、何度でも」というコピーが綴られている。

■公開情報
『mid90s ミッドナインティーズ』
9月4日(金)新宿ピカデリー、渋谷WHITE CINE QUINTOほか全国ロードショー
出演:サニー・スリッチ、キャサリン・ウォーターストン、ルーカス・ヘッジズ、ナケル・スミス
監督・脚本:ジョナ・ヒル
製作総指揮:スコット・ロバートソン
製作:イーライ・ブッシュ
音楽:トレント・レズナー、アッティカ・ロス
配給:トランスフォーマー
2018年/アメリカ/英語/85分/スタンダード/カラー/5.1ch/PG12
(c)2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/mid90s/
公式Twitter:@mid90s_JP
公式Instagram:@mid90s_JP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる