『ミッドサマー』アリ・アスターの短編読本発売 奥山大史、ヴィヴィアン佐藤によるコラムも

 アリ・アスター短編作品徹底解説読本『”I HOPE THAT PEOPLE WILL FEEL UNSETTLED.”(みんなが不安になってくれるといいな)』が3月13日に発売された。

 2018年に5人の映画パンフレット好きによって立ち上がり、現在は30人のメンバーが所属する、書籍の出版やSNS広報などを通じて映画パンフレットの魅力を発信する自主団体「映画パンフは宇宙だ」。彼らの初の自主出版物である本書は、『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』のアスター監督の商業デビュー前の短編8作品を、あらゆる角度から徹底解説したもの。

 「“パンフレット”が存在しないアスター初期作品に向けて、パンフレットの代わりになる読み物を作りたい」というメンバーの思いが発端となった同書には、聴き起こしのスクリプトに加え、ナイトウミノワ(アーティスト)、奥山大史(映画監督)、斎藤学(精神科医)、ヴィヴィアン佐藤(アーティスト)、佐々木誠(映画監督)らによるコラムも掲載されている。

 販売は、映画パンフは宇宙だSTORESサイト、ビデオマーケット(新宿)、アップリンク渋谷・吉祥寺、センチュリーシネマ(名古屋)、伏見ミリオン座(名古屋)、シネモンド(金沢)など。すでに完売している店舗・劇場もあるので、最新の販売状況は映画パンフは宇宙だ(PATU)公式Twitterなどにて確認を。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■書籍情報
『”I HOPE THAT PEOPLE WILL FEEL UNSETTLED.”(みんなが不安になってくれるといいな)』
発売日:2020年3月13日(金)
サイズ:A5タテ/72ページ
言語:日本語/English
発行元:映画パンフは宇宙だ(PATU BigBang!)

【解説作品】
『The Strange Thing About the Johnsons(ジョンソン家の奇妙なこと)』(2011)
『TDF Really Works(TDFはチョー便利)』(2011)
『Beau(ボー)』(2011)
『Munchausen(ミュンヒハウゼン)』(2013)+『Untitled(無題)』(2012)
『The Turtle’s Head(亀の頭)』(2014)
『Basically(要するに)』(2014)
『C’est La Vie(セ・ラ・ヴィ)』(2016)

【コラム執筆陣】
斎藤学(精神科医)
ヴィヴィアン佐藤(アーティスト)
竹美(映画ライター)
ナイトウミノワ(アーティスト)
奥山大史(映画監督)
佐々木誠(映画監督))
※順不同・敬称略

【販売方法】
映画パンフは宇宙だSTORESサイト:https://pamphletuchuda.stores.jp/
ビデオマーケット(新宿):http://www.video-market.net/vm/
CAFE:MONOCHROME(渋谷):https://cafemonochrome.com/
新文芸坐(池袋):http://www.shin-bungeiza.com/
アップリンク渋谷:https://shibuya.uplink.co.jp/
アップリンク吉祥寺:https://joji.uplink.co.jp/
シネモンド(金沢):http://www.cine-monde.com/
センチュリーシネマ(名古屋):http://www.eigaya.com/
伏見ミリオン座(名古屋):http://www.eigaya.com/
ほか随時更新予定

【関連サイト】
公式サイト:https://pamphlet-uchuda.com
公式Twitter:https://twitter.com/pamphlet_uchuda/
公式Instagram:https://www.instagram.com/pamphlet_uchuda/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる