70年代スタイルのボブの姿が世界初公開! 『ミニオンズ フィーバー』日本版ティザービジュアル

 7月17日全国公開の『ミニオンズ フィーバー』より、日本オリジナル版ティザービジュアルが公開された。

 『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』シリーズ、『SING/シング』『グリンチ』など様々なアニメーション作品を世に送り出しているイルミネーション・エンターテインメント。最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちがグルーと出会うまでの話にフォーカスが当てられた2015年公開の前作『ミニオンズ』は、イルミネーションらしいアトラクション感抜群の破天荒なストーリーと、ミニオンならではのキャラクター性が人気となり、日本での興行収入は52億円を記録した。

 シリーズ最新作となる本作では、最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちが、なぜ悪党になることを夢見るひとりの少年、グルーをボスに選んだのかが描かれる。その答えは、1970年代に隠されていた。

 公開されたビジュアルは、ボブが70年代風のヘアスタイルとファッションに身を包んだ日本オリジナルのデザイン。大きなウェーブのパーマにサイケデリック柄のシャツで70年代のトレンド最先端のスタイルに身を包んだボブは、「ミニオン史上最高のハチャメチャが1970年代からやってくる!」というコピーの通り、最新作で巻き起こる新たな大騒動にワクワクした表情を浮かべている。

 また、あわせて公開された場面写真では、ケビン、スチュアート、ボブの3人が、何かをおねだりするかのようにウルウルとぴえん顔をしていたり、互いに顔を見合わせていたり、プリプリの後ろ姿を見せながら少年グルーと何かを話していたりする様子が。さらには、本作の鍵を握るちょっぴりトラブルメイカーな新ミニオン・オットーが、また何かをやらかしたのか面食らった表情を見せている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『ミニオンズ フィーバー』
7月17日(金)全国公開
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
監督:カイル・バルダ
声の出演:スティーヴ・カレルほか
配給:東宝東和
(c)2020 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:minions.jp
公式Twitter:https://twitter.com/minion_fanclub
公式Facebook:https://www.facebook.com/minions.movie/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる