千葉雄大VS成田凌 『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』で呼応し合う“怪演”

千葉雄大VS成田凌 『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』で呼応し合う“怪演”

 前作『スマホを落としただけなのに』(2018年)の公開から早1年と約4カ月。前作の興奮の冷めやらぬうちに、いま再び千葉雄大と成田凌の戦いの幕が切って落とされた。それが、続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』である。本作において両者ともども、“怪演”を見せているように思う。

 “怪演”というと、いささか疑問を抱く方がいるかもしれない。たしかに前作で成田が演じた連続殺人鬼の姿は“怪演”と呼べるものであったが、千葉に関していえば、極めてまっとうな人物を演じているものと思えた。しかし、今作で描かれる物語の一つの核となるのが、千葉演じる刑事・加賀谷の“個人の問題”。前作のクライマックスでは、正義の側であるはずの加賀谷と、完全なる悪の存在である成田演じる浦野に、一つの共通性があることが露見した。幼少期に、恵まれない家庭で育ったことによる大きなトラウマである。浦野が逮捕されたことによって事件は解決していたが、この加賀谷自身の問題は解決していなかったのだ。浦野はそのトラウマに端を発し、凶悪事件を繰り返していた。つまりこれをたどってみれば、刑事・加賀谷も浦野と同じ穴の狢にもなりえるということである。

 前作は、一人の男性がスマホを落としたことによって個人情報が漏洩し、その恋人であるヒロインが危険にさらされるという筋書きであった。この被害者たちを懸命に守ろうとし、犯人逮捕に死力を尽くすのが加賀谷刑事で、凶悪犯が浦野である。その中でいくつもの異なるストーリーラインが交錯するのだが、そのうちの一つが、加賀谷と浦野の対峙だった。そして続編である今作では、この二人の対峙がよりフォーカスされている。しかし対峙といっても浦野は檻の中だ。ここで、かつて浦野が起こした事件に類似したものが発生し、犯人検挙のため加賀谷は浦野に協力を要請。二人は共闘することになるのである。しかし浦野は完全に常軌を逸した人物。もちろん一筋縄ではいかないのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる