『シロクロ』横浜流星が事件解決に奔走する理由とは? 解き明かされる謎とさらなる疑問

『シロクロ』横浜流星が事件解決に奔走する理由とは? 解き明かされる謎とさらなる疑問

 レン(清野菜名)と双子の姉妹リコが実は入れ替わっていた過去が明らかになった『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、以下『シロクロ』)の第4話。怒涛の勢いで謎が解き明かされ、直輝(横浜流星)を取り巻く環境は大きく揺れ動いていた。

 精神科医の門田(山崎樹範)はレンとリコを入れ替わらせたことを暴露し、その行動を直輝に責められる。しかし門田は、レンの家庭の幸せのためにはこうするしかなかったと胸の内を明かす。納得できない直輝だが、門田もまた、直輝がレンを操っていることに対して直輝を詰めた。その一方で、市民からはミスパンダに白黒つけてもらいたいという依頼が来るように。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、相手の要望に振り回されないようにと、依頼に応えないことを直輝に指示した。しかし、直輝は過去の父・哲也(田中圭)の言葉が忘れられず、ミスパンダと共に勝手に事件を解決してしまう。その頃、報道番組のディレクター・神代(要潤)は、直輝とミスパンダのことを嗅ぎ回っていた。さらに、神代と同じ報道番組の記者・あずさ(白石聖)はMr.ノーコンプライアンスの娘であり、過去にコアラ男に人質にされていた経緯がある。直輝と付き合っていたが、直輝とレンが抱き合っている盗撮写真が「コアラ男」を名乗る何者かから送られてきて、不安を募らせていた……。

 それぞれの場所で作られていたコミュニティが徐々に接点を持ち始め、作品全体のキャラクターが複雑に絡み合うようになった。謎が解き明かされ、人間関係が明らかになると同時に、それぞれのキャラクターに対して不信感も募る。門田とレンの母・麻衣子(山口紗弥加)は、本当に描かれている通りの理由でレンとリコを入れ替えたのか、麻衣子がリコを疎んじる理由、そして囲碁喫茶GOBANの夫婦と麻衣子の関係、夫婦はどこまで事情を知っているのか……など疑い出すとキリがない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ