高橋努、江口のり子、結木滉星、三倉茉奈ら、『シロクロ』第5話にゲスト出演 

高橋努、江口のり子、結木滉星、三倉茉奈ら、『シロクロ』第5話にゲスト出演 

 日本テレビ系にて毎週日曜22時30分より放送中のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。2月9日放送の第5話に、高橋努、江口のり子、結木滉星、三倉茉奈、谷田部俊(我が家)の出演が決定した。

 清野菜名と横浜流星がW主演を務める本作は、忖度や圧力にあふれているグレーな現代、闇に隠された真実を華麗に暴く、令和の最凶バディの活躍を描くオリジナルドラマ。清野が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”を演じ、横浜が、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”でもある森島直輝を演じる。

 第5話の放送では、7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口公則が、護送中に連れ去られる事件が発生する。ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映像に残っていたため、警察はミスパンダを犯人として捜査を開始。しかし、このミスパンダは何者かがなりすました偽物だった。警察に追われることになってしまったミスパンダはどうなるのか。また、第4話で「飼育員さん」の正体が直輝であることに気が付いた神代(要潤)はどう動くのか。さらに、レンが直輝に告白をする。

 高橋は、捜査一課の刑事・三津谷彰義役を、江口は同じく捜査一課で三津谷と“ハブ”と“マングース”としてバディを組む坂下弥生役を、結木と三倉はそれぞれ、ショッピングモール爆破事件の遺族・中延陽一役と中延恭子役を、谷田部は無実を訴える死刑囚・浜口役を務める。

 なお、現在GYAO!では物語のカギを握るチェインストーリーを配信中。本編では描き切れない登場人物たちの素顔が描かれる。また、最終回放送後にはHuluにてオリジナルストーリーの配信を予定している。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30〜23:25放送
出演:清野菜名、横浜流星、要潤、白石聖、山崎樹範、山口紗弥加、佐藤二朗
監督:遠藤光貴
脚本:佐藤友治、蛭田直美
チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる