横浜流星が語る、先輩から学んだ一年とこれから 「僕の中で1番大きいのは応援してくれている人たち」

横浜流星が語る、先輩から学んだ一年とこれから 「僕の中で1番大きいのは応援してくれている人たち」

 リアルサウンド映画部では、2020年新春特別企画として、連日に渡り、今注目したい俳優たちのインタビューをお届け。今回は、昨年、“ピンク髪”で大ブレイクを果たした横浜流星。

 1年を通して3つのドラマで存在感を発揮した横浜の2019年、そして、1月11日に初回放送日を迎える日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系、以下『シロクロ』)の主演への意気込みを語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

「目の前にあることに必死な状態」

ーー2019年は目覚ましい快進撃でしたが、自分の勢いに実感はありますか?

横浜流星(以下、横浜):まだそこまで客観的に見れていないです。こんなにずっと作品に出ていたのは初めてだったので、目の前にあることに必死な状態でした。まだそこまで、やってるぜ感はないですね。

ーー忙しくて大変だったことは?

横浜:11月くらいはドラマと映画の撮影が重なっていたので、体力というよりは精神面できつかった時期もありました。吉高由里子さんとの映画『きみの瞳が問いかけている』の撮影があって、ラブストーリーなんですが一筋縄ではいかない重厚な内容で、しっかり考えてやらないといけない作品だったので。それをやりながら『4分間のマリーゴールド』(TBS系)も撮っている時は、今日はドラマやって映画、明日は映画やってドラマというスケジュールもありました。でも1日休みがあるだけで、自分の部屋で気持ちを整理することもできたので、そこでなんとか落ち着くことはできました。

ーー横浜さんの原動力はなんですか?

横浜:僕の中で1番大きいのは応援してくれている人たちです。親もそうですし、ファンの人たちの声がすごく僕にとって励みになっています。その力があるから恩返ししたいとか、作品を通してもっといろいろな面を見せていきたい気持ちが湧いてくるんです。

ーーそんな2019年を過ごして、自分の中での変化はありましたか?

横浜:今までと変わらず、目の前のことをやるというのは変わらないんですが、主演という立場をいただくことも多くなったので、自分の役目に対しての責任感がより強くなった気がします。

ーーたくさんの作品に出演する中で、やっぱりご自身の中で課題が出てくることも?

横浜:お芝居の部分はまだまだだなとは思っています。今までは同世代との共演が多かったんですが、昨年は先輩方と多く共演させてもらって、そこで教えていただいたことがたくさんあったし、同時に自分の引き出しの少なさを痛感しました。もっともっと先輩方と共演して色々吸収して実力をつけていきたいと思いました。

ーー先輩から吸収するものは大きいですよね。

横浜:特に『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系)は学びも経験も含め、僕の中で大きな作品でした。(田中)圭さんの現場の立ち振る舞いも、芝居への向き合い方も学ぶことが多かったです。『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)でも中村倫也さんと永山絢斗さんの芝居のアプローチが2人ともまったく違ったので勉強になりました。すごく恵まれた一年だったと思います。

ーー実際に今回の『シロクロ』の現場などで横浜さんが実践しようと試みていることはありますか?

横浜:今意識してやっているのは、もっと周りを見ようということです。まだ自分のことで精一杯になってしまうことが多いんですが、今年は映画、ドラマ、舞台でも主演をやらせていただくことが多いので、責任感を持って役と向き合いながら、ちゃんと周りを見て動いていかなければいけないなと。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる