上白石萌音、“天堂担”として認知! 『恋はつづくよどこまでも』七瀬の貪欲さはどこから生まれた?

上白石萌音、“天堂担”として認知! 『恋はつづくよどこまでも』七瀬の貪欲さはどこから生まれた?

「この先、俺とお前がどうこうなる可能性は0.0001%もない」

 運命的な出会いで恋に落ちた相手から、5年も片想いした相手から、やっとの思いで同じ職場で働けるようになった憧れの相手から、こんなふうに「先に断っておく」と言われたら、あなたはどうするだろうか。

 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)第2話。循環器内科に正式配属となった新人ナースの七瀬(上白石萌音)。周囲の厚意もあり、晴れて天堂(佐藤健)の「担当」
となることができた。だが、仕事上の諸注意と共に「余計な期待はするな」と釘を刺されてしまう。「どうこうなる可能性は0.0001%もない」と。

 だが、七瀬はまったくひるまない。「この世に絶対なんてことはないと思いますし、0.0001って。いくらなんでも、ねぇ。こんな私でも、さすがに0.0001%くらいの可能性は」とまったくひるまない。天堂のドS発言に傷つくことはあっても、全然遠慮しないのだ。

 毎日忙しそうに働く天堂に「デートしてますか?」「デート相手に立候補します」と屈託のない笑顔で猛アピール。「0.0001%もない」と言われても0.000001%ならあるかもしれない。限りなく0に近くても、それは0ではない。

 初日にドクターに告白し、玉砕したにも関わらずめげずに正式配属でも希望を出す。心電図は逆につけ、注射針を自分に刺し、ドクターの足を引っ張ってばかり。もちろん、実際に同じ職場にいたら「こんな新人いるか?」と、ツッコミどころは満載だろう。

 私情を挟まずにビジネスライクに医療サービスを提供する優等生の酒井(吉川愛)から見たら、私情まみれで浮き沈みの激しい七瀬に、イライラしてしまうに違いない。「私は勉強したい。あなたは好かれたい。その違いじゃない?」とチクリと言ってやりたくなる気持ちもわからないでもない。

 仕事はあくまでもドライに、自分の役割を真っ当する酒井タイプも、しつこいくらいに人に食らいついていく七瀬タイプも、きっとそれぞれにいいところがあるはず……なのだが、七瀬はいっちょ前に酒井のようにもなりたいともがくから、余計に厄介だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる