ダニエル・クレイグが“紳士的”に容疑者を足止め 『ナイブズ・アウト』本編映像公開

ダニエル・クレイグが“紳士的”に容疑者を足止め 『ナイブズ・アウト』本編映像公開

 2020年1月31日に公開される映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』より、本編映像が公開された。

 本作は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品。脚本に惚れ込んだ『007』シリーズのダニエル・クレイグ、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスを筆頭に、クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノンらが結集した。

 NYの豪邸で世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、匿名の人物から事件の調査依頼を受けて現場である豪邸に到着する。自殺ではなく、他殺、殺人事件と見極めた探偵は、パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら、屋敷にいた全員が第一容疑者として捜査を開始する。

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』本編映像

 このたび公開された本編映像は、“最後の紳士探偵”ブノワ・ブランが、第一容疑者である家族たちに、とんでもない“お願い”をするシーン。ハーランが謎の死を遂げた後、弁護士(フランク・オズ)は残された家族を集めて話をする。弁護士が「お集まりいただき感謝します。法的には不要なのですが、皆さんが帰られる前にと……」と言いかけると、背後からブランが「失礼。お話し中にすみません」と、とぼけた調子で話を遮る。そして家族たちに「捜査終了まで町に残っていただきたい」と“お願い”をする。つまり、この瞬間にハーランの死の当日屋敷にいた全員が第一容疑者と認定されたのだ。

 さらにブランの横にいたエリオット警部補(キース・スタンフィールド)が、「お願いではなく命令です。町を出ることを禁じます」と畳みかける。ハーランの長女リンダ(ジェイミー・リー・カーティス)と義理の娘ジョニ(トニ・コレット)は、「なぜ?問題でも?」とかみつくが、これにブランは「いえ」と、お茶を濁し、弁護士に「どうぞ続けてください」とにこやかに続きを促すところで幕を閉じる。

■公開情報
『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
2020年1月31日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
Photo Credit: Claire Folger
Motion Picture Artwork (c)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
公式サイト:longride.jp/knivesout-movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる