>  >  > キャリー・ジョージ・フクナガ監督の作家性

キャリー・ジョージ・フクナガは『007』の監督にふさわしいのか? その作家性と新作の行方を占う

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリスの長寿スパイ映画シリーズ『007』。『007 スペクター』(2015年)に次ぐ25作目の最新作『Bond 25(仮題)』の監督を務めるはずだったダニー・ボイル監督が、プロデューサーとの創作上の意見の相違により降板。複数の候補が検討されたが、新しく選ばれたのは、アメリカのキャリー・ジョージ・フクナガ監督だった。アメリカ出身のアメリカ人による『007』映画の監督は史上初である。

キャリー・ジョージ・フクナガ監督

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督は、最初の長編映画を監督してから10年あまりで、近年活躍の場がNetflixでの制作が主だったこともあり、一部の映画ファンに馴染みが薄いかもしれない。さらに近作であるドラマ『マニアック』(2018年)は賛否両論を生む作品だった。ここではそんなキャリー・ジョージ・フクナガ監督の主な作品と作家性を振り返りながら、『007』監督にふさわしい才能なのか、そして新作がどうなるのかについて、うらなってみたい。

 キャリー・ジョージ・フクナガ監督は、「監督がジェームズ・ボンドを演じたらいい」という冗談も飛び交い、また有名女優との交際を報じられたこともある、正統派のハンサムな容貌を持つ。長身にトレードマークのメガネが印象的で、『スーパーマン』の主人公クラーク・ケントを思い出させるときがある。

 カリフォルニアで生まれ育ったアメリカ人だが、フクナガという名前から分かる通り、日本にルーツを持っており、日本で半年間ほど暮らしていたこともある。 しかし、それはヨーロッパの複数の国にもさかのぼれる彼のルーツの一つでしかなく、無理に日本文化につなげて語れば実態を見失ってしまうだろう。アジア系のルーツが彼の作品に影響を及ぼしているとすれば、それは多民族やそれらの文化への興味と共感であるはずだ。

 学生時代に撮った短編『Victoria para chino』(2004年)は、トラックにすし詰めで輸送される、メキシコからアメリカへの不法移民の苦難を描いたドキュメンタリー風の作品であり、監督としての長編デビュー作となった『闇の列車、光の旅』(2009年)もまた、同様の題材を扱っている。このように、民族的な社会問題をテーマとした物語をリアルに描くというのが、フクナガ監督の主要なアプローチだといえよう。リアルサウンドの過去のインタビューで、フクナガ監督は日本の映画監督からの影響を語っているが、名前を挙げたのが、今村昌平監督と是枝裕和監督。いずれもドキュメンタリーの手法をフィクションに持ち込んだ作品を撮っているので、非常に分かりやすい。

「キャリー・ジョージ・フクナガは『007』の監督にふさわしいのか? その作家性と新作の行方を占う」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版