ライアン・ジョンソン監督×ダニエル・クレイグ『Knives Out』来年1月公開 場面写真&予告編も

ライアン・ジョンソン監督×ダニエル・クレイグ『Knives Out』来年1月公開 場面写真&予告編も

 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本で挑む最新作『Knives Out(原題)』の日本公開が2020年1月に決定し、海外版予告編と場面写真が公開された。

 「10代のころからアガサ・クリスティーの根っからのファン」だというジョンソン監督が、「アガサの推理物の要素を全部詰め込もうとした。豪華キャスト勢ぞろいで、ヒッチコックのスリラーの要素も絡めながら、設定は現代のアメリカになっている」と自信をのぞかせる、アガサ・クリスティーに捧げる本作は、NYの豪邸で起きた世界的ミステリー作家の密室殺人事件の謎を、名探偵が紐解いていく模様を描いたミステリー。

 NYの豪邸で世界的ミステリー作家の85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、彼が遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることに。パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者となる。調査が進むうちに、名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく。

『Knives Out』海外版予告編

 公開された海外版予告編では、『007』シリーズの最新作も控えるダニエル・クレイグが、不敵な笑みを湛えて演じる名探偵ブノワ・ブランの姿が。『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカとして有名なクリス・エヴァンスは、本作ではスーパーヒーローから一転し、周囲を罵倒し強烈なインパクトを残す一家の放蕩息子を演じる。さらに、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマーらオールスターキャストが集結し、一癖も二癖もあるキャラクターを演じている。

 同時に公開された場面写真では、事件の真相と家族の秘密を暴いていくブノワ・ブランとエリオット警部補らの姿が写し出されている。

Photo Credit : Lionel Hahn/Lionsgate

■公開情報
『Knives Out(原題)』
2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
監督・脚本:ライアン・ジョンソン
出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノン、キース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
Motion Picture Artwork (c)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
Photo Credit: Claire Folger
公式サイト:longride.jp/knivesout-movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ