>  >  > Snow Man主演ドラマの演技に注目

Snow Man初主演ドラマがSNSで話題に 岩本×渡辺×目黒×ラウールの演技が“ヤバ怖”を盛り上げる

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snow Man・岩本照、渡辺翔太、目黒蓮、ラウール主演のテレビドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』(日本テレビ系)が、SNS上でなにかと話題になっている。

 同作品は4人にとって初の主演ドラマ。「◯◯するだけで高額報酬」という、いかにも怪しい仕事に岩本演じるサルサ、渡辺演じるトリハダ、目黒演じるワンちゃんがチャレンジし、その様子をラウール演じる新米ディレクター・モモが密着撮影。この4人が仕事を通じてヤバ怖な出来事に巻き込まれていくというオムニバス形式のドラマだ。そのストーリーは心霊的な怖さのものや、裏社会的な怖さのものなど様々だが、最後にはクスッと笑ってしまう安心感もある。さらに、最終的には全てのストーリーがつながっているとのことで、SNS上では考察をしているファンも多々見られる。ストーリーの中身も気になるところだが、本稿では、ドラマ初主演となる4人の演技に注目したい。

 まずは、岩本。『SASUKE』(TBS系)への出演や雑誌『Tarzan』での連載など、フィジカルな面に注目が集まりがちな岩本だが、4人の中では一番映画・ドラマ出演数が多い。『BAD BOYS J』(日本テレビ系)、『SHARK』シリーズ(日本テレビ系)、『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)などの作品に出演し、2019年には『映画 少年たち』でリーダー的ポジションのコウタを演じ、演技力も余すところなく発揮してきた。同作で岩本演じるサルサこと早川優は、とにかくコスパ重視で仕事に取り組むバイトマニア。流石というべきか、「早く終わらせて報酬が貰えればなんでも良い」感がヒシヒシと伝わってくる演技を見せてくれている。1話、2話は冷たい印象もあったサルサだが、3話では泣き真似をするなどのコミカルな表情も。真面目な演技の中にクスリと笑えるシーンを入れ込むスキルは、舞台で築き上げられたものではないだろうか。

 そして渡辺翔太は、ちょっとビビりにもかかわらずオカルトが好きなトリハダこと柳圭一を演じる。トリハダは何かにつけて出来事をオカルト方面に結びつけつつも、どこかコミカルさがあるのが面白い。と思えば、仲間のためにひと肌脱いでキメ顔をすることも。同作での渡辺は、彼自身の“素っぽさ”も活かしながら、舞台で磨かれた緩急自在の演技で作品にスパイスを加えていると言えよう。

      

「Snow Man初主演ドラマがSNSで話題に 岩本×渡辺×目黒×ラウールの演技が“ヤバ怖”を盛り上げる」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版