>  >  > ディズニー新サービス「Disney+」の可能性

マーベル、SWシリーズ、ピクサーも!? ディズニー配信サービス「Disney+」の可能性を探る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディズニーの新ストリーミング配信サービス「Disney+」が今年11月からアメリカで提供予定だ。まだ、多くは明かされていない配信サービス「Disney+」はディズニーが提供する新ストリーミングサービスであり、形式はNetflixのようにサブスクリプションのスタイルになるといわれている。提供される作品は、これまでのディズニー、ピクサー、マーベルや『スター・ウォーズ』シリーズなどの映画やTV番組に加え、新たな作品も「Disney+」にてリリース予定。月額料金は6.99ドルになると予想されている。

 「Disney+」のローンチで思い出されるのは、今年の3月、ディズニーが21世紀フォックス(FOX)の買収をしたというニュースだ。ディズニーは昨年すでに傘下のスポーツ専門チャンネル「ESPN」とスポーツ中継などのライブストリーミングを行う「ESPN+(プラス)」のサービスを開始しており、FOX買収の裏にもストリーミング配信サービス開始のためにFOXの映画・テレビドラマなどのコンテンツを獲得したいという考えがあったのではないだろうか。現在、FOX作品の配信などについては発表されていないが十分に配信の可能性は期待できるだろう。

 さらに、今年の5月にはウォルト・ディズニーが、Huluの買収を発表。ディズニーがいよいよ動画配信サービスに本格的に乗り出してきたことを象徴する発表だった。

 「Disney+」が開始されれば、確実にNextfixなどのストリーミング配信サービスにとっては大きな競合相手となるだろう。配信予定作品であるディズニー作品、マーベル、『スター・ウォーズ』シリーズはすでに多くのファンを獲得していることから、どこでも鑑賞可能な配信サービスとなると多くの人々が契約することは間違いない。さらにマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマ作品では現在、人気キャラクターであるロキにフォーカスを当てた『Loki』や『The Falcon and The Winter Soldier(原題)』『WandaVision』の製作が告知されているほか、ジェレミー・レナー演じるホークアイ(クリント・バートン)の企画も報じられており、今後さらなる拡大が見込まれる。

      

「マーベル、SWシリーズ、ピクサーも!? ディズニー配信サービス「Disney+」の可能性を探る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版