>  >  > 『わた定』が描く子育てと仕事を両立させる難しさ

働き方にグラデーションを 『わたし、定時で帰ります。』が描く、子育てと仕事を両立させる難しさ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「先輩は、何と戦ってるんですか?」

 火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の第2話で描かれたのは、子育てと仕事を両立させる難しさだった。

 仕事は効率的にこなして定時に帰ることをポリシーにしている結衣(吉高由里子)のもとに、先輩の賤ヶ岳(内田有紀)が育休から復帰してきた。だが、復帰後の様子が少しおかしい。

 かつては「帰れるときには定時で帰ろう」「仕事はみんなでするもの」と話していたはずの賤ヶ岳が、「残業でもなんでもやります! 休みなんていりません」と上司や取引先に猛アピール。一緒に働くメンバーに対しても「私が任された案件だから」と独りよがりな発言が続く。「子どもがいるからって戦力外扱いされたくない」。妊娠がわかった途端、最前線を退くようにと言われた賤ヶ岳は、愛する仕事を守るために必死だった。

 “夫が育休を取って、妻が職場復帰した“。そう聞いて「幸せですね」という反応を見せる人はまだまだ少数派だ。多くの場合は「ママが赤ちゃんのそばにいなくてかわいそう」「旦那さん、仕事できないの?」「家事も仕事も中途半端になるのでは?」というネガティブな意見が飛んでくる。男女逆ならそんなことは言われないのに……。自分がバリバリと仕事をこなすことで、子育て中の女性がもっと働けるのだと見せなければと、自分を鼓舞していた。

 だが、スタートダッシュを決めようと張り切るものの、やはり独身時代とは勝手が違う。睡眠時間も断続的になるし、自分の体と違って子どもの体調不良にどう対処していいかわからない。復帰直後はキラキラとしていた賤ヶ岳も、徐々にメイクもヘアスタイルも手が回らなくなっていく様子が妙にリアルだった。思うようにことが進まないストレスに押しつぶされそうな賤ヶ岳を、結衣はなんとかサポートしたいと手を差し伸べる。だが、自分がやるんだと決めたからには周りに頼れないと頑なになっていくのだった。

      

「働き方にグラデーションを 『わたし、定時で帰ります。』が描く、子育てと仕事を両立させる難しさ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版