>  > 吉高由里子が語る、「働く」こと

『わたし、定時で帰ります。』インタビュー

吉高由里子が語る、30代になってからの“働く喜び” 「人間としての醍醐味を感じられる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何のために仕事をしているかは、自分の考えでいいんじゃないかな」


ーー作品ごとにガッと忙しくなって、そのあとゆっくり……というリズムでお仕事をされていますか?

吉高:必ずそう、と決めたわけじゃないんですけど、年に1回は連ドラをやるサイクルになっていますね。でも連ドラ年に2回、3回は、もうないですね。20代前半はあったんですけど、後半はもうなくなりましたね。

ーー20代から30代へという切り替わりの時期でもありますが、働き方を自分の中で考えることはありますか?

吉高:そうですね。20代前半は、とにかく知名度を上げようって、いっぱい作品に出て、いっぱいの現場を見て、いっぱいの人を見て、吸収、吸収、吸収でした。インプットにストレスも覚えられないぐらい無我夢中だったと思うんですけど、20代後半でようやくふと我に帰る瞬間もありつつ、吐き出したい情報量の仕分けをしたい気持ちにもなりつつ。あれよあれよと仕分けして大事なものを紡いだら、あっという間に30歳になっていました。最近「30代前半は仕事を頑張りたい気分」と話したら、マネージャーさんたちがちょっとザワついていました(笑)。

ーー聞き逃さなかった(笑)。

吉高:聞き逃さなかったですねー(笑)。

――では、お仕事ドラマということで、吉高さんの「働く」についてもお聞きしたいと思うのですが。

吉高:まず、働ける環境があるってだけで、すごく幸せなことだとは思うんです。何のために仕事をしているかは、自分の考えでいいんじゃないかな。好きなものを買いたいから仕事してる、好きなものを食べたいから仕事をしてる、好きな仕事だから仕事してる……いろんな在り方があっていいと思いますね。「私の時代は!」とか言われる時代じゃないし、常に時代って動いているし、私自身こんなにWebが社会を動かす時代になると思わなかったですしね。不満なことも、「新鮮!」と思って取り組めたら、意外といい方向に向かうかもって思っています。

――なるほど! 吉高さん自身は「何のために仕事しているのか?」という問いには、なんて答えられますか?

吉高:なんだろう……。新しい人と出会えたり、会話することによって新しい自分に気づいたりとか、人間としての醍醐味を感じられる仕事をさせてもらっているなと思っていて。始めたばかりのころは、自分は相手のことを知らないのに、自分のことを知った人と出会う世界が不安だったし、正直イヤだなと思ったこともあったんですけど、今はそんな経験ができるのもなかなかないなって。好きも嫌いも見つけられて、そこから新しい好きにも気づけて、“こうなりたい”とか、“こうはなりたくない”とか、学んでいける世界にいると思うと、すごく充実しているんじゃないかなって考えるようになりました。もちろん感じなくてもいいものもあるかもしれないけど、私はたぶん欲張りなので、そうやっていろんなものに触れながら生きたい、そのためにこの仕事をしているのかもしれないですね。このドラマでもたくさんの方に、いろんな好きや嫌いに触れてもらって、「私はこのために仕事をしてる」と気づけるような作品になってくれたら嬉しいです。

(取材・文=佐藤結衣)

■放送情報
火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』
TBS系にて、4月16日(火)スタート 毎週火曜22:00~放送
原作:朱野帰子『わたし、定時で帰ります。』シリーズ(新潮社刊)
出演:吉高由里子、向井理、中丸雄一、柄本時生、泉澤祐希、シシド・カフカ、内田有紀、ユースケ・サンタマリアほか
脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子
演出:金子文紀、竹村謙太郎
プロデューサー:新井順子、八尾香澄
製作:TBSスパークル、TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/watatei/

      

「吉高由里子が語る、30代になってからの“働く喜び” 「人間としての醍醐味を感じられる」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版