有村架純「またね」の笑顔に『ひよっこ3』希望の声も 2年後で描かれた“夢の途中”

有村架純「またね」の笑顔に『ひよっこ3』希望の声も 2年後で描かれた“夢の途中”

 『ひよっこ』の登場人物たちが作るその空間に憧れるのは「みんな仲良し」だからではないと思う。こうして『ひよっこ2』が実現し、『ひよっこ3』を望む声が大きいのは、みね子たちの関係性から、「人は完全に分かり合えなくても、認め合うことはできる」という脚本家・岡田惠和が本作に込めたメッセージが届いたからでもあると思った。

 『ひよっこ2』では、幸せの日常が広がっていたが、一人ひとり抱える悩みもあった。時代は違えど、本作で描かれた普通の人々の日常は私たちにも当てはまるところが多い気がする。「頑張ろう」「頑張れ」「頑張らなくちゃ」より、方言の柔らかさでどこか楽な心持ちで“頑張ろう”と思える「頑張っぺ!」。みね子と時子と三男(泉澤祐希)のこの合言葉を胸に、また会える日を心待ちにしている。

(文=大和田茉椰)

あわせて読みたい『ひよっこ2』記事

第1回:『ひよっこ2』で開かれた奥茨城母の会 減量した佐藤仁美の姿も話題に
第2回:『ひよっこ2』乙女寮の同窓会が開かれたワケとは? 竜星涼と井之脇海が“あの約束”を果たす
第3回:『ひよっこ2』は若手役者たちの成長の見せ場に 竹内涼真=島谷純一郎が語った“自分の原点”

■放送情報
NHK総合『ひよっこ2』
出演:有村架純 ほか
脚本:岡田惠和
語り:増田明美
制作統括:菓子浩
プロデューサー:板垣麻衣子
演出:黒崎博、堀内裕介
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/hiyokko/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる