『ラ・ラ・ランド』今夜地上波初放送 D・チャゼル監督インタビューから作品レビューまで一挙紹介

『ラ・ラ・ランド』掲載レビューを一挙紹介

 映画『ラ・ラ・ランド』が、本日2月8日21時より日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて地上波初放送される。

 本作は、夢を抱いてロサンゼルスにやってきた男女の出会いと、甘く切ない恋の行方を華麗な歌とダンスで描く。ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが共演し、『セッション』のデイミアン・チャゼル監督がメガホンを取った。第89回アカデミー賞において、主演女優賞や作曲賞を始め、14部門ノミネート6部門受賞の快挙を果たした。本日の放送では、本編ノーカットでの放送となる。

 本作について、リアルサウンド映画部では、第89回アカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル監督のインタビューや、評論家・ライターによる映画評を多数掲載してきた。その全記事を一挙に紹介する。

『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル監督が語る、ジャズと映画の関係

『ラ・ラ・ランド』は『セッション』を乗り越えたーーチャゼル監督がミュージカル映画で描いた夢

初登場1位の『ラ・ラ・ランド』、映画業界の常識をくつがえす大ヒットの意義

菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評:世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大したことないね

菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評 第二弾:米国アカデミー賞の授賞式を受けての追補

ライアン・ゴズリングはジェームズ・ディーンの再来? 『ラ・ラ・ランド』に見た神話的スターの面影

BOMIが新作映画を語る新連載スタート 『ラ・ラ・ランド』はよくできたJ-POPに近い?

サエキけんぞうの『ラ・ラ・ランド』評:『ロシュフォールの恋人たち』に通ずる“葛藤”のない輝き

LA市庁舎で大規模イベント開催! 『ラ・ラ・ランド』に見る、映画と政治の関係

(構成=編集部)

■放送情報
『ラ・ラ・ランド』
日本テレビ系にて、2月8日(金)21:00~23:29放送 ※放送枠35分拡大
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
音楽・作曲:ジャスティン・ハーウィッツ
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ
(c)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:https://kinro.jointv.jp/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる