>  >  > 『愛がなんだ』予告編&本ビジュアル

岸井ゆきのと成田凌がベッドで脚をぶつけ合う『愛がなんだ』予告編 主題歌はHomecomings

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月19日公開の映画『愛がなんだ』の予告編と本ビジュアルが公開された。

 本作は、直木賞作家・角田光代の同名小説を、『パンとバスと2度目のハツコイ』の今泉力哉監督が映画化した恋愛映画。主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこらが名を連ねる。

 公開された本ビジュアルには、「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない」とキャッチコピーが添えられ、成田演じるマモルが、岸井演じるテルコをおんぶする姿が捉えられている。

 一方の予告編は、28歳のOLテルコが、マモルに出会い一目惚れする様子から始まる。仕事を失いかけても自分の時間のすべてをマモルに捧げ、都合のいい関係を保ち、嫌われないことに必死なテルコの姿をはじめ、深川、若葉、江口の姿も確認できる。

 また主題歌は、京都を拠点に活動する4ピースバンドHomecomingsの「Cakes」に決定した。

『愛がなんだ』本予告編

Homecomings コメント

こんな⾵にまどろっこしくて愛おしくて、なんだかかっこ悪いけど⼈ごとじゃないような恋を⼆時間ちょっとの映画の中に収められるのは今泉監督だけなんじゃないかな、と思いました。私の歌でも僕の歌でもないし、君の歌でもないけれど、マモちゃんにとってもテルコにとっても、ナカハラくんにも葉⼦にも、それがまるで⾃分のことのように思える歌にしたかったのです。

■公開情報
『愛がなんだ』
4月19日(金)、テアトル新宿ほか全国ロードショー
原作:角田光代『愛がなんだ』(角川文庫刊)
監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこ
配給:エレファントハウス
(c)2019 映画「愛がなんだ」製作委員会
公式サイト:http://aigananda.com/

「岸井ゆきのと成田凌がベッドで脚をぶつけ合う『愛がなんだ』予告編 主題歌はHomecomings」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版