ブレイクには前年の“出演増”が必須? 田中圭&中村倫也に続く2018年の“引っ張りだこ俳優”

ブレイクには前年の“出演増”が必須? 田中圭&中村倫也に続く2018年の“引っ張りだこ俳優”

 『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)をきっかけに、主演の田中圭が大ブレイクを果たした2018年。今やその存在を見かけぬ日はないように思える田中だが、彼自身、「『おっさんずラブ』終わってから『毎クール出てるよね』って言われるんですけど、僕『おっさんずラブ』出る前から毎クールで出てるんですよね(笑)」と明かしている(参考:田中圭、大ブレイクで「嫁はストレスMAX」 周りの主婦から羨まれる妻にかける言葉は?)。

 着実にキャリアを重ねながら与えられたポジションを全うし、人生の半分以上の時間を俳優人生に捧げている彼に対し、いまさら“ブレイク”などと口にするのは少々気が引ける。実際に2017年は、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)や『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)などをはじめとし、年間を通して毎クール連続ドラマに登場。出演本数も昨年の方が多かった。

田中圭『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(c)フジテレビ

 もう一人、各方面で「引っ張りだこ」な、今年の顔として挙げられる存在が中村倫也。彼もまたこの2018年は、『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)や連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)など、絶えず多くの話題作に顔を見せていたが、映画も含めると、田中と同じく昨年の方が出演本数は多い。

 なぜ、昨年と今年とでこうも世間からの印象が変わってくるのだろうか。彼らをつねに追いかけている方々からすれば自明のことかもしれないが、やはり、ハマリ役・アタリ役を得たというのが大きいのではないだろうか。田中で言えば『おっさんずラブ』の春田創一役、中村で言えば『半分、青い。』での“ゆるふわ男子・まーくん”こと朝井正人役がそれに当たるだろう。

中村倫也『半分、青い。』より(提供=NHK)

 両者の共通点としては、芸歴に対して膨大な出演作の数も挙げられる。出演作が絶えないということに関しては、二人とも数年も前からのことである。作品ジャンル、演じるキャラクターのタイプ、さらには作品規模や役の大小、それらを問わず堅実に演じ続けてきたからこそ、現在の、あらゆる作品に適応できる器用さを得ることができたのではないだろうか。そう考えてみると、昨年は高橋一生がまさにそのような存在であった。今年は主役級を務めた映画が相次いで公開され、ドラマ出演は1本だけだったものの、『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)にてプライムタイムでの初の連ドラ主演を飾った。田中や中村にも、やはり同じような活躍を期待せずにはいられない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる