>  >  > 『家売るオンナ』千葉、松田の恋に終止符?

千葉雄大、松田翔太との恋に破れる? 『家売るオンナの逆襲』LGBTを主題にしたストーリーも話題

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北川景子主演ドラマ『家売るオンナ』の続編となる『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)は第1話では「YouTuber」、第2話では「ネットカフェ難民」……と現代の日本のトピックに焦点を当てている。そして第3話のテーマは「LGBT」だ。

 テーコー不動産新宿営業所は、現地販売ウィークを開催し、売りにくい3つの物件を分担して売ることに。庭野(工藤阿須加)・八戸(鈴木裕樹)班が担当した天井に照明用のバトンがついた元画家のアトリエを、ゲイであると言う男が訪れ早々に購入。この場面では、13人に1人がLGBTであること、日本の同性婚への法規制の厳しさ、そしていまも国内は偏見に満ちていることがセリフによって説明される。

 さらに庭野には別の来客として、キャリアウーマンの木村真奈美(佐藤仁美)から夫・剛史(池田鉄洋)と中学1年生の娘の3人で住む家を相談される。夫について多くを語らなかった真奈美。三軒家万智(北川)と共に、剛史の後をつけていくと剛史が自宅とは違う小さなアパートで女性として暮らしていることを知る。剛史はトランスジェンダーだったのだ。

 一方、担当客の真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美)の内見案内をしていた足立(千葉雄大)は、2人がレズビアンであることが理由で売主から家の購入を断られてしまい、留守堂(松田翔太)に助けを求める。この2組の顧客の考え方はそれぞれ異なる。木村真奈美・剛史夫婦は娘のことを考慮し、剛史がトランスジェンダーであることを秘密にしているがそのことによって軋轢も生じている。みどりも世間に角を立てないために自身がレズビアンであることを隠そうとし、智代は、レズビアンとして偏見の目に晒されることに強い怒りを覚えている。

      

「千葉雄大、松田翔太との恋に破れる? 『家売るオンナの逆襲』LGBTを主題にしたストーリーも話題」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版