木村佳乃×木村多江は正反対の“悪女”? 『後妻業』に至る2人の戦歴を振り返る

木村佳乃×木村多江は正反対の“悪女”? 『後妻業』に至る2人の戦歴を振り返る

 強烈で美しい悪女も、傍から見る分には爽快だ。そう思わせてくれそうなのが、本日から放送開始の『後妻業』(カンテレ・フジテレビ系)である。なんといっても楽しみは、女優・木村佳乃、木村多江という2人の“木村”の競演だろう。

 彼女たちはまるで、太陽と月。2人はこれまで陽と陰、正反対の魅力で、ありとあらゆる女たちを演じてきた。

 持ち前の健康的な明るさ、気さくな性格で、女優だけでなくバラエティーでも活躍するスーパー・ウーマン、木村佳乃。映画『告白』、ドラマ『泣かないと決めた日』『ファーストクラス』(フジテレビ系)などで、完璧そうに見えて裏がある美しい母親や上司を多く演じる一方で、大河ドラマ『真田丸』の松役や朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)のヒロインの母親役などで見せる優しくキュートな魅力とコメディセンスも計り知れない。


 何より特筆すべきなのは、ドラマ『僕のヤバイ妻』(カンテレ・フジテレビ系)の望月真理亜役だろう。和製『ゴーン・ガール』とも言われたこのドラマ、伊藤英明の情けなく単純バカな夫ぶりや、怪しい隣人カップル、高橋一生とキムラ緑子の破壊力と、あらゆることが強烈で優れた作品だった。何より際立っていたのは、自分を殺そうとする夫への復讐のために、貞淑で完璧、健気な妻に見せかけて、裏では淡々と偽装工作を行い、目を輝かせニヤリと笑う木村佳乃の凄絶な美しさだった。何を信じればいいのかわからない、二転三転する物語と真理亜の変貌に翻弄されつづけた。

 6年ぶりの連ドラ主演と話題になった昨年10月期の『あなたには渡さない』(テレビ朝日系)での、『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)の水野美紀とのバトルも興味深いものがあったが、細腕繁盛記的な要素も持つこのドラマの木村佳乃は、勝手ながらどこかまだ物足りないものがあった。

 そして、万を辞して、ド派手な衣装で「後妻業」悪女を演じる木村佳乃。耐える彼女も、稲を刈る彼女も、スライディングする彼女も大好きだが、『僕のヤバイ妻』以降やはり一番見たかったのは、高笑いする悪女・木村佳乃だったように思うのだ。相棒には、最近『モンテ・クリスト伯』(フジテレビ系)や『不惑のスクラム』(NHK総合)などで深みが増してより魅力的になった高橋克典。この組み合わせは楽しみである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる