>  >  > 『ザンビ』には乃木坂46メンバーの関係性が投影?

齋藤飛鳥主演『ザンビ』には乃木坂46メンバーの関係性が投影? 堀未央奈とのコンビにも注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の齋藤飛鳥が主演を務めるドラマ『ザンビ』(日本テレビ)が、1月23日より放送開始となる。

 本作は、昨年7月に発表された『ザンビ』プロジェクトの第2弾。第1弾として、昨年11月に上演された乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道による舞台、第3弾に乃木坂46メンバー主演のスマートフォン向けアプリゲーム『乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌~』、第4弾に2月上演の舞台『ザンビ~Theater’s end~』とこの先も『ザンビ』プロジェクトは続いていく。

 今回放送されるドラマ『ザンビ』の脚本を務めるのは、けやき坂46主演ドラマ『Re:Mind』(テレビ東京)を手がけた保坂大輔と、ドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)や映画『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』など多くのサスペンス、ホラーを担当してきた高山直也。監督にはドラマ『ごくせん』『銭ゲバ』『マジすか学園5』(ともに日本テレビ系)などで知られる大谷太郎と、新進気鋭の西村了を迎える。

【ザンビ】プロジェクト始動

 主演を務める齋藤飛鳥は、ドラマに先駆け山室楓として舞台版『ザンビ』に映像出演していた。舞台上演前のプロローグの役割を担うその映像は、現在トレーラーとして公開されているものであったと記憶しているが、そこから舞台とドラマの世界観は共通していることが読み取れる。「7日間で私たちはこの世界からいなくなった…」というのは、ドラマのキャッチコピー。舞台『ザンビ』のパンフレットには、ザンビとは「生と死の間を彷徨い続ける、異形のもの」とあり、噛まれてから発症までには1週間、見た目からはザンビなのか否か分からないのが特徴である。今振り返ると、昨年8月、プロジェクト発表時に公開されていたトレーラーが、ザンビの設定、ドラマの世界観を最も物語っていた映像になっていた。ザンビとは、漢字で「残美」と書く。映画、ドラマ、舞台と多くのホラーサスペンス作品がある中、坂道シリーズの筆頭・乃木坂46が演じる上で、アイドルとしてそのビジュアルを生かしたまま、演じ切ることができる点は画期的である。

      

「齋藤飛鳥主演『ザンビ』には乃木坂46メンバーの関係性が投影? 堀未央奈とのコンビにも注目」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版