>  >  > 加藤よしきの「2018年映画TOP10」

年末企画:加藤よしきの「2018年 年間ベスト映画TOP10」 アジア映画が熱い方向へ進化

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2018年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに加え、今年輝いた俳優・女優たちも紹介。映画の場合は2018年に日本で劇場公開された(Netflixオリジナル映画含む)洋邦の作品から、執筆者が独自の観点で10本をセレクト。第12回の選者は、ライターの加藤よしき。(編集部)

1. 『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』
2. 『オペレーション:レッド・シー』
3. 『SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班』
4. 『バーフバリ 王の凱旋<完全版>』
5. 『オンリー・ザ・ブレイブ』
6. 『The Witch/魔女』
7. 『犯罪都市』
8. 『ランペイジ 巨獣大乱闘』
9. 『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
10. 『マンハント』

 今年の私に刺さった映画は、奇しくもアジア映画ばっかりになりました。いや、普通にハリウッド超大作でも凄い映画はたくさんあったんです。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『レディ・プレイヤー1』なんて、こんなバケモノみたいな映画をよく作ったなと度肝を抜かれましたし。ただ、胸に突き刺さった映画で言いますと……こういう感じになります。

 まず『マンハント』ですが、これは香港映画界の偉人ジョン・ウーが手掛けたワンパク大らか陰謀アクション。「レストラン鳩の里」なる今から何が起きるか100%予想できる看板が出てきたとき、「今年の10位は決まったな。むしろ10位以外はありえない」と思ったものです。

 次に『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』ですが、これは個人的に過去の自分と非常に重なる部分があり、麻薬戦争の話ながら他人事とは思えず、観ている間はずっと「お前は俺だ!」と叫びたい気持ちでいっぱいに。

 続く『ランペイジ 巨獣大乱闘』は、脳にイイ映像集ですね。怪獣が特殊部隊を壊滅させ、ドウェイン・ジョンソンがデカいゴリラと共闘する。映画に求めるものが全てあります。

 7位に置いた『犯罪都市』も脳にイイ映像。今や韓国映画の顔となりつつあるマ・ドンソクが刑事に扮し、狂犬ヤクザをブン殴って追い詰める。ギャグのキレ味も最高でした。

 韓国映画が続きますが、『The Witch/魔女』! 私は『スプリガン』『ARMS』『海王ダンテ』などで知られる皆川亮二先生が好きなのですが、あの感じが完璧に映像化されてはたまりません。その上、アイドルを目指す女の子のドタバタ劇や熱い友情まで絡められては、もう全面降伏。3部作の1作目らしいのですが、これは絶対に完結させてほしいですね。

      

「年末企画:加藤よしきの「2018年 年間ベスト映画TOP10」 アジア映画が熱い方向へ進化」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版