>  >  > 『アベンジャーズ4』予告編考察

タイムトラベル説濃厚? 『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編から考察できること

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シリーズ第4弾で完結編となる『アベンジャーズ4』が、『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』のタイトルで2019年4月26日に公開されることが発表され、予告編も公開された(本記事は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレを含む)。

 宇宙の均衡を保つため、宇宙の半分を消滅させようとする最凶の敵サノス(ジョシュ・ブローリン)と、トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)から成るアベンジャーズが死闘を繰り広げた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。同作でサノスは6つのインフィニティ・ストーンを全て回収し、ザ・デシメーション(通称:指パッチン)を遂行。アベンジャーズの願い叶わず、半分の人々が消えることとなった。

 結果的に残ったのは、アイアンマン、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、 ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)らの『アベンジャーズ』初期メンバーと、ウォーマシン(ドン・チードル)、ロケット(ブラッドリー・クーパー)、ネビュラ(カレン・ギラン)、オコエ(ダナイ・グリラ)。『インフィニティ・ウォー』には登場しなかったが、クリント・バートン=ホークアイ(ジェレミー・レナー)とスコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)も生きており、また『インフィニティ・ウォー』のエンドクレジットでニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が連絡していたキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)も加わると思われる。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編

 謎多きまま半年以上も、うわさのみを頼りにファンは議論を重ねてきたわけだが、12月7日の22時頃に『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編が公開。ここからは、本映像の注目すべきポイントや重要となりそうな要素を掘り下げていく。

      

「タイムトラベル説濃厚? 『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編から考察できること」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版