中島健人の“スウィートな表情”封印したスリリングな展開へ 『ドロ刑』遠藤憲一との本気の対決

中島健人の“スウィートな表情”封印したスリリングな展開へ 『ドロ刑』遠藤憲一との本気の対決

 ついにはじまった13係と煙鴉(遠藤憲一)との執念の戦い。斑目(中島健人)のセキュリティカードを使って警視庁に忍び込む大胆不敵な煙鴉の宣戦布告にはじまり、「命懸けなんだよ」の言葉とともに斑目に銃を向け発砲する煙鴉。12月8日に放送された日本テレビ系列土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』第9話はついに物語の佳境に突入。これまでの“ゆるい”空気も中島の“スウィートな表情”も封印し、徹頭徹尾スリリングな“鬼ごっこ”へと様変わりを遂げた。

 斑目が撃たれる際に煙鴉から渡された、行きつけのバーのコースターの裏側に書かれたある会社の名誉顧問の男の名前。それが次のターゲットだと判断した13係は厳戒態勢で捜査に乗り出す。しかしその目の前に煙鴉率いる大量のスリ集団が現れ、古典的でありながらも見事な連携プレーで13係を圧倒。煙鴉に軍配があがる。そして意気消沈で思い出に浸る斑目がバーを訪れると、マスター経由で次なるターゲットの名前が書かれたコースターが渡されるのだ。

 対決が始まってすぐに、斑目の前にすんなりと姿を現した煙鴉が語った「虹をつかもうとした」という言葉が、最終回に向けた大きなヒントとなることは間違いない。その文字通りに捉えれば、“虹”は本来つかむことのできない、それどころかなかなか見ることができないことから、「幸運」という意味として捉えることができる。しかし、どうやらそれとは異なる、極めて直接的な意味合いを持っているようで、劇中には一瞬だけ「虹の見える丘公園」という分譲地の古ぼけた看板が登場。つまりはこの土地に関連した何かが、煙鴉の狙いということなのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる