>  > 中村倫也、“ブレイク俳優”としての心境

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』インタビュー

中村倫也が明かす、“ブレイク俳優”としての心境 「世の中の流れが速くて自分が追い付いていない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年、1年間に渡って様々な顔を見せてきた俳優・中村倫也。『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)、『半分、青い。』(NHK)、『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)と話題作への出演が続いていた。放送中の土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)では、捜査一課出身の元エリート刑事・皇子山隆俊を演じ、主演の中島健人や遠藤憲一らとともに、物語を動かしていく人物として活躍している。バラエティ番組から雑誌の表紙まで、引っ張りだこな中村に、今後の目標について話を聞いた。(編集部)

「うな重における山椒」


ーー“超ドS”旦那の渡、マシュマロ男子・マアくん、ツンデレ兄さん江口に続き、今回は“謎のエリート”で“変態”という役どころに挑戦しています。皇子山には謎が多い印象です。

中村倫也(以下、中村):アットホームなシーンが多い作品なので、その中で皇子山として、うな重における山椒のような、スリリングでピリッとさせる役割を果たせたらと思っています。多くを語らない彼の、ちょっとした目線の動きを意識して、謎を感じてもらえたらと。ちょっと刺激があった方が、観てくれる人も色んな想像が膨らみますし、作品の求心力になるよう働きかけていきたいですね。

ーー「皇子山」(おうじやま)という役名を略して「皇子」(おうじ)と呼んでいるファンもいるようです。

中村:きっと、脚本家の林(宏司)さんの中でポンっと浮かんできて、ニヤニヤしながら名付けたんだろうなと勝手に思っています。キャッチーな名前というのは、名前を覚えてもらえることにも繋がりますし。まあ、でも、主演が王子みたいな人なので。

ーーそうですよね。

中村:最初の頃にメイクさんが、役者さんのあだ名を決めると言っていたんです。その時に「中村さんを皇子って呼ぼうと思います」と言われて断ったんですけどね、「王子はこっち(中島健人)だ」って(笑)。

ーー会見で、中島さんのセクシーへのこだわりをいじっていましたが、現場でも?

中村:みんな「セクシーだ」って言ってるけど段々と雑になっていて(笑)。現場では、ずっとキャッキャ、キャッキャしてます。ケンティー(中島)は、僕が言ったことを何でも拾ってくれるんです。真面目に律儀に全部を拾ってツッコんでくれるので、ずっと遊んでいます。

ーー中島さんの印象はいかがですか。

中村:可愛いです。犬と猫のそれぞれの良さを持ったきつねが、海外ではペットとしてのポテンシャルが見直されているらしく。ケンティーはちょうどそんな可愛さだと感じています。ちょうどいい距離感で、ちょうど良く人懐っこくて、決して嫌みがないし、良いやつだというのがどこを切り取っても分かる。うなじを見ても「良いやつ」って書いてありますよ。

ーーそうなんですか(笑)。他の刑事モノにはない『ドロ刑』の魅力はどんなところでしょう?

中村:泥棒の手口を知れますし、警察と泥棒という対極の存在がタッグを組んでいる面白さもありますね。そして、ケンティーとエンケン(遠藤憲一)さんの安心できる親子感、師弟感も。一癖も二癖もある登場人物が多いので、キャラクターの魅力もあると思います。

ーー中村さんは、『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)などで、これまでも警察、刑事役を演じてきましたね。

中村:今まではピシッとスーツを着て、グレーのネクタイだったけど、皇子山は紫とかマスタードとか、ネクタイの色が派手なんです(笑)。衣装合わせの時にいろんな色のネクタイがあって、皇子山のクセの強さを出すことを考えた時に、光沢がある深緑の玉虫色のネクタイを見つけて、これがいいなと。この髪型も含め、演じる上で気持ちも入りやすくなるので扮装は大事です。

ーー刑事役を演じる楽しみはありますか。

中村:正義っぽいというか、何かの事件を経て、アクションシーンもあったりしながら最後に手錠をかけて、成敗! というノリが面白いですね。でも、あまり職業を考えて芝居はしていないです。どの作品もどの役も違って当たり前なので、その人間をどういうアウトプットで切り出すか、やっていることは変わらないと思います。

ーー「捜査三課13係」の現場でのチーム感はどうですか?

中村:みんな仲良く喋っていて現場は明るいです。物語の中では、やる気のないやつが集まっていて、その中で僕が一番チームワークを乱しているキャラクターでもあるので、チーム感がいつ発揮されるのかなと僕は思っています(笑)。

ーー『崖っぷちホテル』でも従業員の一致団結感が描かれていましたが、チーム間のやりとりで展開していく物語として、今回意識していることは?

中村:この作品の中で皇子山は、物語を進めていくシーンと、ピリッとさせるシーンと、ほんわかするシーンの何種類かを演じているんです。警視庁三課の一人として存在しているシーンでは、くだらない話をしている流れが多いので、その中で皇子山という人物としてちゃんと存在感を発揮しつつ、物語の流れを阻害しないように、乗る時は乗って、そらす時はそらしていこうと意識しています。

「中村倫也が明かす、“ブレイク俳優”としての心境 「世の中の流れが速くて自分が追い付いていない」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版