物語は後半戦に突入 中島健人『ドロ刑』第6話、東野圭吾を思わせる感動エピソードに

物語は後半戦に突入 中島健人『ドロ刑』第6話、東野圭吾を思わせる感動エピソードに

 被害総額1,500万円にも及ぶ、65件の窃盗で逮捕された被疑者・鳥飼和子(余貴美子)の“引き当たり捜査”を命じられた斑目(中島健人)だったが、実際は美希(石橋杏奈)の補佐という名の雑用係に意気消沈する。煙鴉(遠藤憲一)から「逃亡の危険も伴う」と忠告された斑目は、完全に鳥飼のペースに乗せられ、うまく利用されてしまうことに。しかし斑目は、空き巣の常習犯が万引きで逮捕されたということに妙な違和感を覚えるのだ。

 11月17日に放送された日本テレビ系列土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課‐』第6話。プロが手口を変えるのは腕が衰えるなどの事情があるという、煙鴉から以前受けたアドバイスが活かされ、それが事件解決への糸口となる。結論から言ってしまえば、義理の娘のことを思って病に倒れた夫の罪を被る被疑者という、どことなく東野圭吾ミステリーを思わせる感動エピソードの様相を呈していた。先週の斑目と“白昼の蝙蝠”との友情譚につづいて、ポップでコミカルな筋書きの本作にとって、そのようなドラマ性はかなりバランスが良い。

 今回のエピソードには2つの聞きなれないワードが登場した。ひとつはストーリーの軸となる「引き当たり捜査」。そしてもうひとつは、鳥飼の話を聞いた斑目が仮説として立てた「クレプトマニア」という言葉だ。前者はいわゆる「実況見分」と呼ばれるもので、犯罪捜査規範第104条に明記されている通り、実際に犯行が行われた場所に被疑者を連れて行き、供述内容に相違が無いかなどを確認するというものだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ