白濱亜嵐×関口メンディーが語る、“俳優”としての成長 「自由にやっていいんだと教わった」

白濱亜嵐×関口メンディーが語る、“俳優”としての成長 「自由にやっていいんだと教わった」

 白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)主演のオリジナルドラマ『ハピゴラ!』が現在配信中だ。本作は、映画『パークアンドラブホテル』で日本人初となるベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出が監督・脚本を担当。白濱演じるサラリーマンの拓也がひょんなところから何者かに追われる社長令嬢のお嬢様を助けるというドタバタ騒動を描いたストーリーに仕上がっている。『ハピゴラ!』とは、“ハッピー・ゴー・ラッキー ”の略語であり、「いつも前向きで楽しく」というテーマが掲げられている。

 主演の白濱亜嵐、幼馴染・マンズを演じた関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の2人に、本作での演技や、E-girlsの須田アンナ、西田尚美、田口トモロヲら俳優陣との共演について語ってもらった。

白濱「自分自身の可能性も広がる」

ーー『ハピゴラ!』が完成してみていかがですか?

白濱亜嵐(以下、白濱):オリジナルのネットドラマということで、普段テレビでドラマを観る習慣の少ない方にも繋がることのできる機会になると感じています。スマホなどで動画を観る若い世代の方も多いと聞く中で、こうやって配信ドラマにチャレンジできることに対して自分自身もすごく可能性の広がることだなと。今作が久しぶりのドラマ出演でもあるので、純粋に幅広い層の多くのみなさんに届いてほしいです。

白濱亜嵐

ーー“ハッピー・ゴー・ラッキー”=いつも前向きで楽しく、というテーマが掲げられていますね。

白濱:“ハッピー・ゴー・ラッキー”というテーマは個人的にも当てはまる気がします。ドラマ全編を通して提示しているテーマであり、観てくださる方にも伝わってくれたら嬉しいです。

関口メンディー(以下、関口):そういうスタンスでいられたら誰もが楽しいとわかっていながらも、普段の生活の中でイヤなこともあったりして忘れがちになることでもあると思うんです。それだけに、ドラマを通してそういう当たり前に大事にすべきものを感じてもらえたらとも思いますし、前向きな気持ちになってもらえたら嬉しいです。

関口メンディー

ーーご自身の役を演じるにあたって意識したことは?

白濱:僕の演じた拓也は開発エンジニアの仕事をしているんですが、本当に一般的なサラリーマンのひとりだと思いますので、そこをしっかりと意識して演じようと考えていました。実際にサラリーマンを経験したことはないのですが、だからこそセリフの言い回しもお芝居にするんじゃなくて、実際に話しているのと変わらないテンション感でナチュラルにやる。普通にしゃべっている感覚で演じるようにしていました。

関口:僕が演じたマンズは日雇いの仕事をしていて、ある程度の収入があって楽しく生きていければいいという性格だと思うんですけど、実はそれって個人的には素敵だなと思っています。今回であれば幼馴染のジャッキー(拓也の子どもの頃のあだ名)のために、身体を張るじゃないですけど、周りの人を大切するという優しい心の持ち主であり、個人的にもマンズはいいやつだなと思いながら演じていました。あとは、下町出身の役なので特有のべらんめい口調ですね。台本にはあったんですけど、難しくてできなかったです(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ