『リーガルV』米倉涼子×菜々緒、向井理×林遣都の真っ向勝負に 最終章では“最大の謎”に迫る

『リーガルV』米倉涼子と菜々緒の勝負

 ローズブライダルの創設メンバーが証言した詐欺マニュアルの情報を元に、小鳥遊と青島は海崎、白鳥、天馬を相手に和解交渉を行うが、「あまり調子に乗らないほうがいいですよ」と海崎にいなされる。さらに、「まさかブラフじゃないですよね?」という天馬の不敵な笑みによる高圧的な態度に青島は雨に濡れて震える子犬のように目を泳がせ、“ポチ”に戻ってしまうのだった。

 しかし、ローズブライダル代表・相田栞(東ちづる)とミカド通信会長・我妻憲史郎(国広富之)のキス現場を抑えたことが決め手となり、Felix & Temma側が和解を飲むことに。“深い謝罪”として土下座を求められるがそれに応じない相田に対して、自身も婚活詐欺の被害者である白鳥が「頭を床に擦りつけなさいよ!」とドSの本性を現し、その姿に海崎がハッとした表情を浮かべながらファイルで顔を隠すという乙女な姿は、2人の進展を見守りたくなる微笑ましいシーンだった。

 最終章となる第8話からは、大峰聡(速水もこみち)がストーリーのキーパーソンとして登場。そして、小鳥遊が“絶対に負けられない戦い”として気にかけている守屋至(寛一郎)の事件に物語は突入していく。小鳥遊はなぜ弁護士資格を失ったのかという、『リーガルV』における最大の謎は果たして明らかになるのだろうか。

■渡辺彰浩
1988年生まれ。ライター/編集。2017年1月より、リアルサウンド編集部を経て独立。パンが好き。Twitter

■放送情報
木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00~21:54放送
出演:米倉涼子、向井理、林遣都、荒川良々、内藤理沙、安達祐実、三浦翔平、勝村政信、小日向文世、高橋秀樹、菜々緒
脚本:橋本裕志
音楽:菅野祐悟
企画協力:古賀誠一(オスカープロモーション)
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:大江達樹(テレビ朝日)、峰島あゆみ(テレビ朝日)、霜田一寿(ザ・ワークス)、池田禎子(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス)
演出:田村直己(テレビ朝日)、松田秀知
制作協力:ザ・ワークス
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日
公式サイト:http://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる