>  >  > 『ブラック・クランズマン』特報映像

黒人刑事が白人至上主義団体“KKK”に潜入捜査 スパイク・リー『ブラック・クランズマン』特報映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年3月に公開される『ブラック・クランズマン』のティザービジュアルと特報映像が公開された。

 第71回カンヌ国際映画祭グランプリに輝いた本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を、『ドゥ・ザ・ライト・シング』のスパイク・リー監督が映画化したもの。

 名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントンが主人公のロン・ストールワースを演じるほか、『スター・ウォーズ』シリーズのアダム・ドライバー、『スパイダーマン:ホームカミング』のローラ・ハリアー、『アンダー・ザ・シルバーレイク』のトファー・グレイス、『ミッション:インポッシブル』シリーズのアレック・ボールドウィンらが出演。また、監督、脚本、製作のリーに加え、ジェイソン・ブラムと『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールが製作に名を連ねる。

 公開されたティザービジュアルは、星条旗が白と黒のモノクロになり、本来ならば左肩に配置されている白い星たちが左下に配置。そして、アフロヘアーのワシントン演じる主人公ロン・ストールワースの姿とともに、「黒人刑事KKK〈白人至上主義団体〉に潜入捜査」というコピーが添えられている。

『ブラック・クランズマン』特報映像

 一方の特報映像は、KKK(白人至上主義を掲げる危険な秘密結社)のメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に両手を高々と掲げ祈りを捧げる人々の不穏な映像から幕を開ける。その中心人物は青いケープに身を包んだデービッド・デューク(トファー・グレイス)。そして黒人刑事ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)の口から「俺が潜入する」という言葉が飛び出す。そして不可能だと思われた潜入捜査作戦が明らかに。それは、黒人刑事のロンが白人を装い電話をし、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)が実際にKKKに潜入する、2人で1人の人間“ロン・ストールワース”を演じる大胆不敵な作戦だった。果たして、彼らの潜入捜査はうまくいくのか、そしてKKKの目的とは……。

 また、オーサカ=モノレールの中田亮が本作の字幕監修を務めることも発表された。

■公開情報
『ブラック・クランズマン』
2019年3月、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:スパイク・リー
製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画
配給:パルコ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定 

「黒人刑事が白人至上主義団体“KKK”に潜入捜査 スパイク・リー『ブラック・クランズマン』特報映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版