>  >  > “SNS出身”が役者界の新たな登竜門に?

『中学聖日記』中山咲月、『タロウのバカ』YOSHI…… SNSが役者界の新たな登竜門に?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SNS時代とも言われる現在、TwitterやInstagramが新たなスターを発掘する場所としての役割を持っている。オーディションやスカウトではなくインフルエンサーと呼ばれる人物がデビューするケースは多く見受けられるようになった。本稿ではそんな新しい流れから登場した3名をピックアップする。

中山咲月

 有村架純演じる中学校教師と男子学生の“禁断の恋”を描いた『中学聖日記』(TBS系)にて、バーテンダー・青山更紗役を務めているのが中山咲月だ。吉田羊とのキスシーンでも話題になった中山は”ジェンダーレス女子”としてモデルを中心に活動してきた。

 「ジェンダーレス」とは、社会から期待される男性らしさ・女性らしさを超えたスタイルの総称である。その先頭を走る中山は、中性的でクールな存在感が人気を呼び、Instagramのフォローはまもなく60万人に到達する。『中学聖日記』においてもスマートなスーツを身にまとい、ドラマ初出演とは思えない堂々とした演技を披露した。

 中山は11月9日公開の映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』で男性役に初挑戦する。両作とも中山だからこその役柄であるが、今後の成長にも注目していきたい。そして、“ジェンダーレス女子”のパイオニアとして活躍の場を広げていってほしい。

 
 
 
View this post on Instagram

出演が決定しました 初ドラマです…!! #中学聖日記

中山咲月さん(@nakayama_satsuki)がシェアした投稿 –

      

「『中学聖日記』中山咲月、『タロウのバカ』YOSHI…… SNSが役者界の新たな登竜門に?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版