>  >  > 『けもなれ』田中圭またもスマホ落とす

田中圭またもスマホ落とす 『獣になれない私たち』“寝る”より悲しいキスのダメージ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本シリーズ第4戦目、熱き闘いの末、ソフトバンクが2連勝を収め、1時間15分遅れの放送となった10月31日の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)第4話。約1話分の時間、焦らされた視聴者たちに待ち受けていたのは、心がむず痒くなるほど焦れったい晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)のラブ(かもしれない)シーンだった。

 前回の放送で元カノ・朱里(黒木華)が居座り続ける問題で、けんかになった晶と京谷(田中圭)。晶を怒らせ、1人ぼっちになった京谷に呉羽(菊地凛子)がキスをする衝撃的なシーンで幕を閉じた。呉羽の獣っぷりが垣間見えた場面だったが、第4話ではキスだけには終わらず、2人は寝てしまったことが明らかになる。

 発覚の原因になったのは、京谷のスマートフォンの紛失。奇しくも、今週末公開の映画『スマホを落としただけなのに』でも京谷を演じる田中は、スマートフォンを落とし、北川景子ふんする麻美が事件に巻き込まれることになる。『けもなれ』の脚本家・野木亜紀子のツイートによれば、偶然の一致だったそうで「スマホを紛失するのは北川景子ちゃんの方かと思っていたら、彼氏役の圭くんの方だったのね。奇遇。(原文ママ)」とのこと。

 ただ、きっと京谷は、スマートフォンを落としてなくても晶に浮気の告白をしていた性格だろう。最近は下火になってきているため、もう死語のような気もするが、芸能人や政治家の“ゲス不倫”が立て続けに報じられた時、世間の浮気・不倫への目はより一層冷ややかなものになっていった。

      

「田中圭またもスマホ落とす 『獣になれない私たち』“寝る”より悲しいキスのダメージ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版