ティモシー・シャラメ新作映画、2019年4月公開決定 ドラッグ依存症と闘う役でオスカー有力

ティモシー・シャラメ新作映画、2019年4月公開決定 ドラッグ依存症と闘う役でオスカー有力

 『君の名前で僕を呼んで』で人気を博したティモシー・シャラメの新作映画『Beautiful Boy(原題)』が2019年4月に日本公開されることが決まった。

 すでに10月12日に米公開され「アカデミー賞有力」との声も上がっている本作は、ドラマ『13の理由』の脚本家として活躍するニック・シェフの半生を描いた実話に基づく物語。シャラメはニックを、スティーヴ・カレルが父親デヴィッドを演じる。

 原作は、父デヴィッドと、ドラッグ依存症だった息子ニックがそれぞれの視点で書いた2冊のノンフィクション小説。8年間の間に13回の依存症再発、7度の入院を経て更生にいたるまでが映し出される。

 製作はブラッド・ピットが代表を務めるプラン B エンターテインメントで、ピット本人がプロデュースを手掛ける。

■公開情報
『Beautiful Boy(原題)』
2019年4月、TOHO シネマズシャンテほかにて全国公開
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
脚本:ルーク・デイヴィス
出演:スティーヴ・カレル、ティモシー・シャラメ
製作:PLAN B
配給:ファントム・フィルム
(c)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる