>  >  > 岡田将生主演『家族のはなし』予告編

岡田将生が成海璃子に「負け犬じゃん」と諭される 鉄拳原作『家族のはなし』予告編公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岡田将生が主演を務める映画『家族のはなし』の予告編が公開された。 

 本作は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表され、第17回アジア太平洋広告祭でフィルム部門・プレス部門を受賞した、鉄拳によるパラパラ漫画を実写映画化したもの。リンゴ農園を営む優しい両親の一人息子・拓也は、上京しバンド活動を営むが挫折する。そんな彼を優しく見守る両親だったが、彼らの気持ちを疎ましいと感じ、苛立ちを常にぶつけてしまう拓也。大学中退の秘密を持って帰郷した拓也だが、父・徹も拓也に言えない秘密があった。挫折を経験しながらも人生を必死に生きる青年と、そんな彼をそっと見守る両親の姿を描く。

 主人公・拓也を岡田が演じるほか、リンゴ作り一筋で、葛藤し成長していく息子を不器用ながらもじっと見守る拓也の父親・小林徹役で時任三郎、父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役で財前直見が出演。 拓也に時には厳しく時には優しく隣で助言をする地元の同級生・明日香役を成海璃子が務め、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉らが脇を固める。ドラマ『海に降る』(WOWOW)、『絆~走れ奇跡の小馬』(NHK)の山本剛義がメガホンを取り、主題歌と劇中楽曲をサイダーガールが担当する。

 また、本作では、原作の鉄拳がアートディレクターとしても参加しており、劇中に鉄拳が本作のために描き下ろしたパラパラ漫画と実写映像がコラボするという試みにも挑戦している。

『家族のはなし』予告篇

 公開された予告編では、岡田演じるバンドマン・拓也が「才能ないよ」と告げられる場面から始まる。足を怪我して期待されていた陸上の道が閉ざされた過去もあり、岡田が仲間や父親に当たり散らす様子や、成海演じる同級生に「負け犬じゃん」と諭される場面、時任演じる拓也の父親・徹が岡田の歌詞を見て「才能あるんじゃねえか」と岡田に微笑むシーンも確認できる。

 また本公開に先駆け、10月11日から開催される京都国際映画祭(https://kiff.kyoto.jp/)にて、10月14日9時30分からの舞台挨拶(劇場はイオンシネマ京都桂川)に、岡田の舞台挨拶登壇も決定した。

■公開情報
『家族のはなし』
11月23日(金・祝)イオンシネマほか全国ロードショー
出演: 岡田将生、成海璃子、金子大地、佐藤寛太、水田信二(和牛)、渡辺憲吉、財前直見、時任三郎
原作:鉄拳
監督:山本剛義
脚本:青塚美穂
制作:よしもとクリエイティブエージェンシー、MBS
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
製作:吉本興業、MBS、VAPユニバーサル・ミュージック
配給:KATSU-do
日本/2018年/80分
(c)『家族のはなし』 製作委員会
公式サイト:http://kazokunohanashi.official-movie.com/

「岡田将生が成海璃子に「負け犬じゃん」と諭される 鉄拳原作『家族のはなし』予告編公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版