>  >  > 秋ドラマ、注目必至の4作品

『獣になれない私たち』『SUITS/スーツ』『下町ロケット』……秋ドラマ、注目必至の4作品

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年も残すところ、あと3か月。夏ドラマもあっという間に最終回を迎え、いよいよ10月から新ドラマがスタートする。その中から、話題となりそうな4作品をピックアップ。あらすじと注目ポイントを一気にチェックしよう。

『SUITS/スーツ』(10月8日(月)21:00スタート/フジテレビ系)

『SUITS/スーツ』(c)フジテレビ

 フジテレビで再放送された『東京ラブストーリー』が、27年の時を経た今も注目を集めた。鈴木保奈美と織田裕二という組み合わせで、一時代を代表するドラマになった同作であるが、その共演を平成の終わりに再び目にすることができる。

 10月8日からスタートする『SUITS/スーツ』は、アメリカで大ヒットを収めた同名ドラマを原作に、日本版として放送される。主演の織田裕二が務める甲斐正午は、東京大学、ハーバード大学で学んだ経験のある超エリート弁護士。ただ、勝つためなら法に触れるギリギリのこともいとわず、敏腕でありながらやや傲慢であるという一面を持つ。一方、正午のバディは、中島裕翔演じる鈴木大貴だ。驚異的な記憶力を持ちながらも、フリーター生活を続けていた彼は、ある事情がきっかけで正午と出会い、2人で様々な訴訟に挑んでいくことになる。

 『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系)が放送され、安定的な視聴率を残した前回の月9枠。『コンフィデンスマンJP』や今夏の『絶対零度』に続き、再び、恋愛要素が前面には出てこない作品が月9で放送されることになる。かつてはそれこそ、『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』『ロングバケーション』といった恋愛ドラマが放送された月9枠だが、平成という時代を通じて、カラーが着実に変わってきていることがうかがえる。もちろんこうした流れは最近になって始まったわけではなく、『HERO』や『ガリレオ』を生んだ本枠であるものの、昨今の場合では特に王道の恋愛ドラマではないジャンルの方が、より多くの視聴者を引きつけることができるのかもしれない。

 『獣になれない私たち』(10月10日(水)22:00スタート/日本テレビ系)

『獣になれない私たち』(c)日本テレビ

 『重版出来』『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(いずれも、TBS系)で知られる野木亜紀子が描く『獣になれない私たち』は、新垣結衣主演のラブコメディ作品。本能に身を任せて、野獣のような恋愛ができずにいる大人の男女の姿が、リアルに描かれる。ECサイトの制作会社に勤める深海晶(新垣結衣)は、周りの人々に気を遣いすぎることで、日々心身をすり減らす生活を送っていた。また、松田龍平演じる会計士の根元恒星も、人当たりが良いことで周囲からは好かれているものの、それはあくまで適当に取り繕っているだけのことだった。そんな2人がある日の仕事終わりにクラフトビールバーで出会ったことから、不思議な物語が始まっていく。

 野木亜紀子がドラマの中に映し出す人々は、しばしば、現代を生きる私たちにも当てはまる悩みや、生きづらさ、あるいはわだかまりを持っていることが多い。例えば、『アンナチュラル』の中で言えば、解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)の口から、切実に、時にとめどなく溢れてくる言葉には異様な説得力があった。それは単に、ブラック企業、あるいは学校でのいじめといった要素が作中に取り入れられたからではない。私たちが普段、“見えていないもの”、あるいは“見たくないもの”に光を当て問いかける、野木作品の真髄である。今回の『獣になれない私たち』もまた、別のアプローチで“私たち”の物語が描かれるのではないか。

      

「『獣になれない私たち』『SUITS/スーツ』『下町ロケット』……秋ドラマ、注目必至の4作品」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版