>  >  > 鈴木保奈美、『東ラブ』再放送に「拷問」

鈴木保奈美、『東京ラブストーリー』再放送は「拷問のよう」 『SUITS』織田裕二との再共演語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月8日よりスタートするフジテレビ月9ドラマ『SUITS/スーツ』の記者会見が10月4日に東京・お台場のフジテレビ湾岸スタジオで行われ、主演の織田裕二をはじめ、中島裕翔、新木優子、中村アン、小手伸也、鈴木保奈美のキャスト陣が登壇した。

織田裕二

 本作は、2011年6月に全米で放送が開始され、初回視聴者数460万人超を記録したドラマ『SUITS/スーツ』のシーズン1を原作とした弁護士ドラマ。“敏腕ながら傲慢なエリート弁護士”と、“その日暮らしの天才フリーター”という、相容れることのない凸凹な2人がバディを組み、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく。

 織田は、冒頭の挨拶で「原作が素晴らしい作品なので、負けずに日本の良いところを出せれば良いなと思います」とコメント。きっちりとした衣装に身を包んだキャストたちが並ぶ中、1人だけジーパンにパーカー、その上にジャケット姿で登壇した中島に、「はやく衣装着てこいよ」と織田がツッコミを入れ、会場は早速笑いに包まれる。中島は「1人だけジーパン? これ衣装なんです。もうちょっと頑張りますよ、私服だったら」と返し、ドラマ内でバディを組む2人の息のあった関係性が垣間見えるやりとりを展開した。

中島裕翔

 また、本作でパラリーガルの聖澤真琴役を演じる新木は、原作『SUITS/スーツ』でイギリス王室のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークルが演じた役柄を演じることへの気持ちを問われ、「本国のプロデューサーに会った際に、『王女になる方だね』と言われて、『頑張ります』という会話のやり取りをさせていただいたんですけど、本当にとんでもなくて。そうですね、普通の幸せをゲットにできるように、欲を言わず」と答え、会場には笑いが起こった。さらに中村は、自身が演じる秘書の玉井伽耶子のモデルとなったドナ・ポールセンを演じたサラ・ラファティから、自身のInstagramがフォローされたことを報告。「鳥肌が立ってしまって、サラさんが日本の『SUITS/スーツ』を気にしてくださっていることに、すごく感動して、励みになっております」と話した。本国から注目を受けていることについて意見を問われた織田は「そのうち一緒にやることになるかもしれない、日本語で」と回答し、笑いを起こした。

新木優子
中村アン

      

「鈴木保奈美、『東京ラブストーリー』再放送は「拷問のよう」 『SUITS』織田裕二との再共演語る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版