>  >  > 『ギャングース』新ビジュアル&予告編

高杉真宙×加藤諒×渡辺大知が金子ノブアキらと対峙 『ギャングース』新ビジュアル&予告編公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月23日に公開される映画『ギャングース』より、新ビジュアルと予告編が公開された。

 本作は、肥谷圭介・鈴木大介による同名コミックを、『ビジランテ』の入江悠監督が実写化した青春映画。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちの姿を描く。

 情報収集・標的選定担当のサイケを高杉真宙、モヒカン姿で工具全般を担当するカズキを加藤諒、そして車両・機動担当のタケオを渡辺大知が演じる。そのほか、林遣都、山本舞香、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVIらがキャストに名を連ねた。

 このたび公開された新ビジュアルでは、カズキ、サイケ、タケオの最弱タタキ集団と安達(MIYAVI)が率いる最凶の半グレ集団・カンパニー“六龍天”が対峙している。安達の部下として詐欺店舗を統括する加藤(金子ノブアキ)と、その部下アゲハ(篠田麻里子)が属する“六龍天”。そして3人の“情報屋兼道具屋”の高田(林遣都)や、映画オリジナルキャラクターとなるキャバ嬢ユキ(山本舞香)らの姿が写し出されている。

『ギャングース』予告編

 あわせて公開された予告編は、「職ナシ、学ナシ、犯罪歴アリ」の字幕とともに、サイケ、カズキ、タケオの3人の姿から始まる。詐欺店舗を統括する加藤が統括する詐欺店舗をサイケたちがタタいたことをきっかけに、加藤の部下・アゲハが属する“六龍天”と戦うシーンも。真っ当な社会での生活を望みながらも、生き抜くために“タタキ”稼業を続けざるを得ないことに、サイケたちが苦悩する姿も映し出されている。

■公開情報
『ギャングース』
11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林遣都、伊東蒼、山本舞香、芦那すみれ、勝矢、般若、菅原健、斉藤祥太、斉藤慶太、金子ノブアキ、篠田麻里子、MIYAVI
監督:入江悠
脚本:入江悠、和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介『ギャングース』(講談社『モーニング』KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
(c)2018「ギャングース」FILM PARTNERS (c)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
公式サイト:gangoose-movie.jp 
公式Twitter:@MovieGangoose

「高杉真宙×加藤諒×渡辺大知が金子ノブアキらと対峙 『ギャングース』新ビジュアル&予告編公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版