>  >  > 北川悦吏子と野島伸司の狙いが一致?

北川悦吏子と野島伸司の狙いが一致  修羅場と急展開で魅せる『半分、青い。』『高嶺の花』

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネット上で辛らつな言葉を浴びせられながらも、注目を集め続けている2つのドラマがある。『半分、青い。』(NHK総合)と『高嶺の花』(日本テレビ系)。

 ともに、「ヒロインに急展開と修羅場が訪れる」というシーン繰り返され、そのたびに「なぜそうなるのか理解できない」「感情がついていかない」などのコメントがあふれる現象が起きている。しかし、驚くことに視聴率はほとんど落ちず、むしろジリジリと上がっている。つまり、視聴者を「批判しながらも、ついつい見てしまう」という状態にさせているのだ。

 ヒロインを演じる永野芽郁と石原さとみの熱演とともに、視聴者の心を揺り動かしているのは、両作を手掛ける北川悦吏子と野島伸司。ともに1990年代を代表する脚本家であり、「修羅場や急展開で、辛らつな言葉を浴びせられながらも、注目を集め続ける」というスタイルは、当時から変わっていない。

 『半分、青い。』と『高嶺の花』は、北川と野島が自らのスタイルを押し出しつつ、2018年という時代にアジャストすべく手がけた意欲作であり、3つの共通点が見られる。

「性格が悪い」「共感できない」ヒロインの理由

『半分、青い。』(写真提供=NHK)

 最大の共通点は、前述した通り、ヒロインに急展開と修羅場が訪れること。

 『半分、青い。』の楡野鈴愛(永野芽郁)は、左耳の聴力を失い、朝井正人(中村倫也)にフラれ、萩尾律(佐藤健)の恋人・伊藤清(古畑星夏)とつかみ合いのケンカになり、漫画家になったが連載を打ち切られ廃業。心の支えであり一度はプロポーズもされた律の結婚を知り、出会ったばかりの森山涼次(間宮祥太朗)と結婚し、出産するが夫に捨てられてしまう。祖父・楡野仙吉(中村雅俊)直伝の五平餅が売りの「センキチカフェ」をはじめるがすぐに居場所がなくなり、東京で働きはじめるが、社長の津曲雅彦(有田哲平)に裏切られる。

『高嶺の花』(c)TBS

 一方、『高嶺の花』の月島もも(石原さとみ)は、婚約者の吉池拓真(三浦貴大)が浮気相手を妊娠させたことで破談となり、ストーカー化したほか、自律神経が乱れて味覚と聴覚が損なわれてしまった。風間直人(峯田和伸)と偶然出会い、キャバ嬢になりすましながら、恋に落ちるが、破談が父・月島市松(小日向文世)の仕業と知り、さらに母が次期家元にさせるべく命と引き換えにももを産んだことを聞いて、別れを決意。しかし、次期家元を決める「俎上」で妹・月島なな(芳根京子)に負け、市松の実子でないことも発覚し、すべてを失ってしまう。

 北川と野島はヒロインに急展開と修羅場を浴びせ続けることで、それらに直面した瞬間のストレートな感情や、乗り越えたときの成長を描こうとしている。実際これまでの放送では、鈴愛とももが、時に暴走し、汚い言葉を吐きながらも、再び立ち上がり、ファイティングポーズを取る姿が描かれてきた。ネットには、鈴愛とももの言動を見て「性格が悪い」「共感できない」という声も少なくないが、最終回の放送後にはそれを撤回したくなるのではないか。

 急展開と修羅場は、ヒロインの感情と成長を際立たせるためのものだが、二次的な効果としてネット上の反応につながり、一定の視聴率を得ている。『義母と娘のブルース』(TBS系)や『グッド・ドクター』(フジテレビ系)のような感動で勝負するのもいいが、北川と野島のような激しい戦い方も、連ドラとしては「あり」なのだ。

      

「北川悦吏子と野島伸司の狙いが一致  修羅場と急展開で魅せる『半分、青い。』『高嶺の花』」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版