>  >  > 『高嶺の花』石原さとみの“狂気の演技”

堕ちていく姿まで美しい 『高嶺の花』石原さとみの“狂気の演技”に思わず息をのむ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月島家の次期家元を決めるため、もも(石原さとみ)となな(芳根京子)が直接対決することとなった『高嶺の花』。8月29日に放送された第8話では、2人の技量を見極める“俎上”の日が訪れる。前回の放送で、母・ルリ子(戸田菜穂)と龍一(千葉雄大)の媾合を目の当たりにしたななは、これまでの“いい子”を封印し、全ての怒りや恨みを花にぶつけた。

 次期家元は、師範6人と市松(小日向文世)による投票で決まる。2人が花を生ける様子は非公開とされ、2つの作品のみが並んだ壇上に、菊の花の票を投じる。どちらがどの花を生けたのか明かされない状態だったが、ななが生けた左の花は、彼女が足繁く通っていた宇都宮龍彗会の公演のテイストを混ぜたもの。負のエネルギーの中に、龍一への未練が垣間見えており、視聴者からは一目瞭然だったろう。

 市松も「内から滲む悲鳴のような憤りが点在」していたとななの花を評価し、次期家元はななになることに決まった。市松に呼び出され、結果を聞かされるももとなな、そしてルリ子。家柄、容姿、そして才能すべてを持ち合わせたももが、市松から「抗えぬ衰退を感じる」とななとルリ子の前で酷評されるのは、どれほど屈辱的なことか。凛と正座していたももは、次第に呼吸が荒くなり、それから唇を小刻みに震わす。

 これまで健気に何事も乗り越える明るいキャラクターを多く演じてきた石原が、壊れていく姿は新鮮に映った。内に燃えたぎる自尊心を他者に破壊されるとき、心の中には羞恥がドロドロのマグマのような液体となりゆっくりと流れ込んでいく。心の盾となっていた揺るぎない自信が剥がされ、傷を付けられていることにようやく気付く。そのわずかな遅延さえも、石原は巧みに表現している。

      

「堕ちていく姿まで美しい 『高嶺の花』石原さとみの“狂気の演技”に思わず息をのむ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版