>  >  > 『ポルトの恋人たち~時の記憶』予告編

18世紀ポルトガルで海の向こうを見つめる恋人たち 『ポルトの恋人たち~時の記憶』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月10日公開の映画『ポルトの恋人たち〜時の記憶』の予告編が公開された。

 本作は、18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、3人の俳優がそれぞれ1人2役に挑んだ異色のラブミステリー。日本、ポルトガル、アメリカの3か国合作となり、オダギリジョー主演の日米合作『BIG RIVER』やドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』2部作を手がけた監督が構想に3年かけて制作した集大成的な最新作。

 主演は、『素敵なダイナマイトスキャンダル』ほか主演作が相次ぐ柄本佑。18世紀のポルトガルパートでは、ほとんどセリフもない日本人奴隷、21世紀の静岡・浜松パートでは、ブラジル系移民の労働者のクビを平然と切るエリート会社員の2役を演じ分け、浜松パートでは、英語セリフにも初挑戦している。本作では、第62回ベルリン国際映画祭で国際映画批評家連盟賞とアルフレッド・バウアー賞を受賞したポルトガル映画『熱波』のアナ・モレイラと時代も国境も超え恋に身を焦がすという役どころを演じる。また、2人の恋人たちをポルトガルと日本の2パートで違う形で見守る男として、中野裕太も出演する。

『ポルトの恋人たち〜時の記憶』予告編

 予告編では、18世紀ポルトガルパートで、遥か海の向こうにあるまだ見ぬ理想の地を見つめる宗次(柄本)とマリ(アナ)の姿が。自由が当たり前ではない時代、ここではないどこかへ2人は居場所を求めるが、ある悲劇が降りかかる。一方、21世紀の日本・浜松では、不景気の中で小さな夢を糧に生きるも、それは叶わないという現実が。本映像では、愛憎の感情に引き裂かれる人間の業を、反復するモチーフで表現。ポルトガルでは“サウダージ”と称される、郷愁、憧憬、思慕、切なさという複雑な感情を、終盤に響くポルトガルの楽器・ファドの音色とともに語られる。

■公開情報
『ポルトの恋人たち〜時の記憶』
11月10日よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国公開
出演:柄本佑、アナ・モレイラ、アントニオ・ドゥランエス、中野裕太
プロデューサー:ロドリゴ・アレイアス、エリック・ニヤリ、市山尚三
監督・脚本・編集:舩橋淳
脚本:村越繁
撮影:古屋幸一
編集:大重裕二
音楽:ヤニック・ドゥズィンスキ
配給:パラダイス・カフェ フィルムズ
配給協力:朝日新聞社 協力:ポルトガル大使館
製作:Bando a Parte, Cineric, Inc., Office Kitano
2018/日本=ポルトガル=アメリカ/139分/シネスコ/5.1ch/PG-12
(c)2017『ポルトの恋人たち』製作委員会
公式サイト:porto-koibitotachi.com

「18世紀ポルトガルで海の向こうを見つめる恋人たち 『ポルトの恋人たち~時の記憶』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版