>  > chelmicoが『ヴァレリアン』を語る

映画『ヴァレリアン』は“恋のリトマス試験紙”!? chelmicoが率直に語り合う、その魅力

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リュック・ベッソンが監督を務めたSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』のBlu-ray&DVDが9月5日に発売される。『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えたSFコミック『ヴァレリアンとローレリーヌ』を映画化した本作は、銀河をパトロールする、ヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)の美男美女コンビが、全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かう姿を描いた作品だ。

 今回リアルサウンド映画部では、8月8日メジャーデビューアルバム『POWER』をリリースしたchelmicoにインタビューを行った。劇中のヴァレリアンとローレリーヌ同様、“コンビ”で活動するRachelとMamikoは、本作を観てどのような感想を抱いたのか。率直に感じたことをじっくりと語り合ってもらった。

Mamiko「途中からいきなりリアーナが出てきたからビックリした」

――まずは、映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』をご覧になって、いかがでしたか?

Rachel&Mamiko:面白かった!

――(笑)。

Rachel:とりあえず、ヒロイン役のカーラ・デルヴィーニュが、すごい可愛かったよね?

Mamiko:可愛かった! 「マジ、完璧じゃね?」って思ったもん(笑)。主役のデイン・デハーンも、すごいカッコ良かったし……。

Rachel:もう、美男美女って感じだったよね。っていうか、そういう映画ってありますよね? この人たちが出ているだけで、最後まで観ていられるっていう。『ヴァレリアン』も、そういう映画だったような気がする。

――この映画のカーラ・デルヴィーニュは、本当にキュートですよね。SF超大作なのに、いきなりシックな黒ビキニで登場するし(笑)。

Rachel:そう! もう、「ありがとうございます!」みたいな感じですよね(笑)。でも、彼女が演じているローレリーヌっていうヒロインがすごい強いってわけでもなく、結局主人公のヴァレリアンに助けられたりもするじゃないですか。最近の映画って、どれも女がめちゃめちゃ強かったりするから、そこが逆に新鮮だったというか……。

Mamiko:確かに。ローレリーヌは、任務の途中で変な宇宙人にさらわれるからね(笑)。でも、ホント面白かったなあ……。

――ちなみにこの映画は、今年の3月末に日本でもロードショー公開されているのですが、そのときはどんなふうに見ていましたか?

Rachel:や、実は全然記憶になくて……。

Mamiko:まったく知らなかったよね(笑)。

Rachel:映画は結構観るほうだから、ロードショーものはチェックしているんですけど、私のセンサーがなぜかピクリとも反応せず……すいません(笑)。

――いえいえ(笑)。

Rachel:だから、「えっ、何だろう、この映画?」っていうか、「何で私たちなんだろう?」って、スタッフに聞いたんですよね。そしたら、「二人組が活躍する“バディもの”だから、chelmicoにピッタリだと思って」ってことだったので、「じゃあ、ヒューマン系みたいな映画なのかな?」って思って観始めたら……。

Mamiko:全然違ったっていう。

Rachel:そう、いきなり宇宙人が出てきて、ビックリしたわ。

Mamiko:しかも、めっちゃたくさん種類出てくるし。

Rachel:何かよくわからない言語でしゃべっているし、「えっ? 誰だよ?」みたいな(笑)。

Mamiko:あと、途中からいきなりリアーナが出てきたから、ビックリしたよね?

Rachel:ビックリした。「何でリアーナ?」って(笑)。めちゃめちゃ踊ってたよね?

Mamiko:踊ってた踊ってた。でも、すごい上手かったし、リアーナも超可愛かった。

Rachel:私たちはサンプル盤で観せてもらったから、パッケージとかも全然ついてない状態で、とりあえず観たんですよね。

――なるほど。ビジュアル的な情報も無い、まったく先入観の無い状態で、ご覧になったんですね?

Rachel:まったくのゼロから入って……そしたら、思ったよりも、全然面白かったっていう(笑)。こういう映画を、普通にポップコーンとかを食べながら観たら、きっと楽しいよね。

Mamiko:うん、絶対楽しいと思う。

――一応、簡単に説明させていただくと、この映画の原作は、『スター・ウォーズ』にも多大な影響を与えたと言われているフランスの伝説的なSFコミック(BD)で、それを幼少の頃から愛読していたというリュック・ベッソン監督が、満を持して映画化したものが本作になります。

Rachel:監督がリュック・ベッソンっていうのも知らなかったし、ホント事前に何も知らなかったんですよね。

Mamiko:何も知らなかった。私、『スター・ウォーズ』、観てないし(笑)。

Rachel:私も4、5、6しか観てないわ。でも、この映画、すごい超大作ですよね。めちゃくちゃお金も掛かっているし。

「映画『ヴァレリアン』は“恋のリトマス試験紙”!? chelmicoが率直に語り合う、その魅力」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版