>  >  > “男気”溢れる山本舞香の佇まい

山本舞香、演じる役柄に共通点? 『チア☆ダン』や『SUNNY 強い気持ち・強い愛』で見せる“男気”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画やドラマなど女優として活躍する一方、最近はバラエティ番組等でも、個性的な発言で注目を集めている山本舞香。最新作映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』では、物語の中心人物となる芹香(板谷由夏)の高校生時代を好演している。

 山本と言えば、宮沢りえや坂井真紀、蒼井優、川口春奈などを輩出した三井のリハウスガール第14代目を務めるなど、透明感ある佇まいと抜群のルックスで、モデルとして活躍する一方、連続ドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)では満島ひかり扮する双葉の幼少期を演じ女優デビューも果たす。

20160303-sakuranoame-th.png『桜ノ雨』(c)2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会

 その後、2015年放送の『南くんの恋人~my little lover』(フジテレビ)では、主人公・南くん(中川大志)の恋人・堀切ちよみ役でキュートなヒロインを演じると、2016年公開の映画『桜ノ雨』では、無口で内気ながらも、熱い心を持つ主人公・遠野未来を演じ、映画初主演を果たす。山本は、自分の気持ちを相手にうまく伝えられず、もどかしさに向き合いながら日々を過ごす未来という女子高生を、とても瑞々しく演じていたが、筆者が行った作品のインタビューでは「基本的に内気ではなく、言いたいことははっきりと言うタイプ」と自己分析していた。

 それだけに、自身と違うキャラクターにうまく感情を乗せて表現した山本の演技力には目を見張るものがあったが、逆に、闊達な自身が投影される作品ではどんな表現をするのだろうか……という期待が高まった。

『恋は雨上がりのように』(c)2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (c)2014 眉月じゅん/小学館

 製作サイドもそんな山本の特性を見抜いていたのか、近年では、一本筋の通った佇まいを見せるキャラクターを演じることが多くなった。永野芽郁と共演した映画『ひるなかの流星』では、強め女子で意地悪な面を持ちながらも、実は友達思いの高校生・猫田ゆゆかを好演。さらに、映画『恋は雨上がりのように』では、怪我から陸上を諦めていた天才スプリンターあきら(小松菜奈)に対し、尊敬しつつも、くすぶっている現状に喝を入れる他校の後輩・みずきを熱演。

      

「山本舞香、演じる役柄に共通点? 『チア☆ダン』や『SUNNY 強い気持ち・強い愛』で見せる“男気”」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版