吉田羊が「生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告編&ポスター

吉田羊が「生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告編&ポスター

 11月16日より公開となる映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の予告編と本ビジュアルが公開された。

 本作は、親からも友達からも愛されたことがない青年が、過去を乗り越え、自分を拒絶してきた母の愛をつかみ取るまでの実話を基にした物語。主人公・タイジを太賀、タイジを心身ともに傷つけてしまう母・光子吉田羊が演じる。

 さらに、タイジを支える友人役で森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、そのほか、木野花をはじめとした俳優陣が脇を固めている。『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW『ダブル・ファンタジー』の御法川修が監督を務め、主題歌「Seven Seas Journey」はゴスペラーズが本作のために書き下ろした。原作は歌川たいじが、実体験をもとに書き綴ったコミックエッセイ。

 公開された本ビジュアルは、懸命に母に向かい合おうとする太賀演じる息子と、目を背けながらも、目じりに涙を光らせる吉田演じる母親、両者の印象的な表情が切り取られている。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』予告編

 公開された予告編は、「あんたなんか生まなきゃよかった」と泣き叫ぶ吉田の姿から幕を開ける。吉田はこれまでの爽やかな明るさを封印し、険しい表情を見せ、息子につらく当たる母親を熱演。かたや母親との壮絶な過去を経て、大人になったタイジは、心をふさいだような伏し目がちな表情が、友人との出会いで徐々に前向きになり、ついには決意に満ちた力強い表情で「負けてたまるか」と母への想いを新たにする姿が映し出されている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、イオンシネマほか全国公開
出演:太賀、吉田羊、森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、斉藤陽一郎、おかやまはじめ、木野花
原作:歌川たいじ『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(KADOKAWA刊)
主題歌:ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)
監督:御法川修
脚本:大谷洋介
制作プロダクション:キュー・テック
配給・宣伝:REGENTS
(c)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
公式サイト:hahaboku-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる