>  > スコット・イーストウッド『パシリム』を語る

スコット・イーストウッド、『パシリム』第3弾への期待語る 「人間関係をひっくり返してほしい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日に公開される。本作は、ギレルモ・デル・トロ監督が手掛けた『パシフィック・リム』(2013)の続編。監督はスティーヴン・S・デナイトにバトンタッチし、前作から10年後の平穏を取り戻した地球が舞台となる。再び姿を現したKAIJUに立ち向かうべく、次世代パイロットたちがイェーガーに乗り、奮闘する。

 今回リアルサウンド映画部では、イェーガーのパイロットであるネイト・ランバート役を務めたスコット・イーストウッドにインタビュー。すでに話し合いがなされている第3弾への期待や、撮影の裏側などを聞いた。

「初めて観たとき『やば〜〜〜〜い!!』ってなったよ」

ーー今回で2度目の来日ですね。本作で闘いの舞台となった東京ですが、劇中と実際に来てみて違いはあったでしょうか。

スコット・イーストウッド(以下、イーストウッド):清潔さだね! 大都市っていうのは大体、人の生活感とかゴミとかがあるのだけれど、日本は何か食べてもゴミを持ち帰って捨てるんだと聞いているよ。あと建築物1つ1つが美観をもって作られていた印象だね。

ーー子供の頃からゴジラ好きだと伺っています。怪獣映画は夢だったのでは?

イーストウッド:10歳の頃にゴジラを見て、ものすごく影響を受けたんだ。その熱は子供だった瞬間だけでなく、今までずっと続いてきた。だから、この作品に出演したことで、世界のどこかの10歳の子が、かつてのスコット少年のように熱い思いを抱いて、さらに将来映画監督になって新たな作品を生み出してくれたらうれしいなと思ってるよ。インスピレーションを与えられる作品に出られたのは素晴らしいことだね。

ーー実際に怪獣映画に出演して、さぞ興奮されたと思います。

イーストウッド:撮影中はコックピットの中にいるから、イェーガーとKAIJUが闘っている様子を見ることができなかったんだ。だから初めてスクリーンで観たときは、「やば〜〜〜〜い!!」ってなったよ(笑)。

ーーネイトはジョン・ボイエガ演じるジェイク・ペントコストとイェーガーを操縦しますよね。相性が重要になってくると思いますが、2人で何か役作りをされたのでしょうか?

イーストウッド:知らないかもしれないけど、僕はジョンと世界を救わなければいけなかったから、訓練を通して深い絆が生まれたよ(笑)。というのは冗談だけど、スタントやイェーガーの操縦シーンというのは、ダンスのように振り付けされているんだ。それのレッスンを受けなければならなかったから、たくさん一緒に時間を過ごして自然と仲良くなっていったよ。あと、カラオケも行ったね。

      

「スコット・イーストウッド、『パシリム』第3弾への期待語る 「人間関係をひっくり返してほしい」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版