>  >  > 『アンナチュラル』第5話はドライな展開に

井浦新が繰り返す“永遠の問い”に決着は付くのか? 『アンナチュラル』第5話はドライな展開に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「考えたことがあるか? 永遠に答えが出ない問いを繰り返す人生。いま、結論を出さなければ、もう二度とこの人物がどうして死んだのかを知ることはできない。いま、調べなければ、永遠に答えが出ない問いに一生向き合わなければいけない。そういう奴をひとりでも減らすのが、法医学の仕事なんじゃないか」

 なぜ中堂系(井浦新)は、リスクを負ってまで今回の事件に深入りしているのか? 三澄ミコト(石原さとみ)にそう問われた中堂の回答には、彼自身の人生の深い傷痕が見えた。

 『アンナチュラル』第5話は、鈴木巧(泉澤祐希)という青年が、溺死した妻・果歩の解剖を依頼するため、はるばる青森からUDIを訪れたことから幕を開けた。警察の調べでは、青森の港で海に飛び込むところを目撃した人物がいたため、入水自殺とされていたが、鈴木は前日に彼女にネックレスをプレゼントしており、とても自殺をするような心境ではなかったはずだと言うのだ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 ミコトたちは、「溺死の場合は、解剖をしても自殺か他殺かを判断するのは困難だ」と断りつつも、いつも通りに解剖を開始する。しかし、そこで鈴木が実は果歩とはまだ籍を入れていなかったこと、葬儀場から遺体を盗んで持ち込んでいたことが判明。ミコトたちは死体損壊罪を犯していたことになる。鈴木に騙されて解剖をしたということで、罪には問われなかったミコトたちだが、問題なのはここからだ。遺体の縫合をしていた中堂は、その肺を抜き出してから親族に返していたのだ。たとえ倫理に反していたとしても、中堂はとことんまで死因を究明するつもりである。

 中堂が今回、恋人を失った鈴木に対して、過去の自分の姿を重ねていることは明らかだ。「そういう奴をひとりでも減らすのが、法医学の仕事なんじゃないか」という台詞の中に、中堂の背負っているものの重さを知ったミコトは、彼に協力することを決める。ミコトもまた「永遠に答えが出ない問い」を繰り返しているからこそ、中堂の心情を理解したのだろう。

 今回の調査は、業務外のためUDIのラボは使えない。そこで、中堂の自宅で行うことになる。調査するのは、果歩の入水地点と発見地点における海水のプランクトンの含有量。飛び込みの目撃証言があった地点では一切ウニは獲れないが、遺体の発見場所では豊富にウニが獲れる。ウニのプルテウス幼生の数を調べて、遺体の肺に入っていた海水の特定ができれば、実際にはどの地点で絶命したのかが証明できるという寸法だ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 結果として、果歩は遺体の発見場所で絶命しており、飛び込みが目撃された女性は別の人物だった可能性が浮上する。つまり、その女性が果歩を海に突き落として殺害した後、自殺に見せかけるために自ら彼女の衣服を着て、わざと人目に付くように海に飛び込んだというわけだ。中堂が鈴木にその事実を伝えると、すべてを悟った鈴木は葬儀場へと向かう。

 犯人は、鈴木に思いを寄せていた果歩の同僚で、嫉妬心から犯行に及んでいた。自ら殺害しておきながら葬儀に参列し、遺族の前で涙してみせる姿には、歪んだ性根が滲んでいる。葬儀に乱入した鈴木は、手にした包丁で女の腹を刺す。「鈴木さん、やめて!」現場に駆けつけたミコトたちの叫びも虚しく、鈴木は再び、女の背に包丁を深々と突き刺すーー。

      

「井浦新が繰り返す“永遠の問い”に決着は付くのか? 『アンナチュラル』第5話はドライな展開に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版