>  >  > 『アンナチュラル』第4話が突きつけた問い

『アンナチュラル』第4話が突きつけた、“何のために働くのか”という問い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「何のために働くんだろうな」。久部六郎(窪田正孝)が医大の友人から言われた何気ないひと言が、『アンナチュラル』(TBS系)第4話のテーマだった。ミコト(石原さとみ)の母・弁護士の夏代(薬師丸ひろ子)からの解剖の依頼により、バイク事故で亡くなった佐野(坪倉由幸)の死因を究明する場面から物語は幕を開けた。解剖を実施する当日、勤め先の工場長の松永(春海四方)、バイク屋の店長、病院の弁護士の「賠償金は払いたくない」と言い張る三銃士がUDIに訪れる。佐野の死因としては、

過労→工場
事故死→バイク屋
病気→病院

 3つ原因のどれかであると捜査されており、死因次第で責任の所在が変わる、“責任の所在”の責任をミコトたちは突きつけられた。

 佐野が亡くなったのは仕事の帰り道。「過労なんて事実はない」「バイク通勤を認めていなかった」と言う工場長だが、バイク通勤を認めないにもかかわらず、終電過ぎまで働かせていたこと、140時間を超える時間外労働が未払いであったことを妻・可奈子(戸田菜穂)が訴える。しかし、工場長から「会社への恩を仇で返すつもりですか」と詰められ、息子の祐(藤村真優)の悲しそうな表情を見ると、「裁判になったらまた夫が悪く言われる」と引き下がることを決める。

 しかし、今度は工場長が過労により倒れてしまう。実は一番残業をしていたのが、工場長だった。出荷制限をかけるか作業工程を減らすよう社長(渋江譲二)に直談判するも、跳ね返され、退勤後のサービス残業が続いた。社員が一人亡くなってもなお、社長は「残業は従業員が勝手に忖度した結果」と再びつき返す。

過労→工場(工場長)→会社(社長)

 佐野は、亡くなる30日前に社長の指示により、バイクでケーキを届け、その帰り道の事故で負った傷が引き金となり亡くなったことが判明した。夏代がバックにつき、社長を相手に、従業員全員で未払いの残業代の請求と労働環境改善を求め、裁判を起こすことになった。

      
みんなのレビュー

最終話を見終えてもなお、twitterで アンナチュラルのタグを見ては、自分だけでは、全く気づく事が出来なかった解釈や、気づき、伏線などを見つけて、ハッとしています。
こちらのサイトの記事も、最初から見ていて、気づかせて貰っています。
歌詞と場面の重なりが、こんなにも胸を突く事が多いドラマなんですね。
ありがとうございます(^^)

中堂さんのことが全く書いてない!相変わらずの喪服スタイル、イケメンでした。来週はもっと中堂さんがフィーチャーされる回みたいなので楽しみです。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

「『アンナチュラル』第4話が突きつけた、“何のために働くのか”という問い」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版